FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月の公開映画

来月は、いよいよ7月。

夏到来です☀️
夏休みも控えている中、最新映画も負けずに大作がラインナップ
その中からいくつか拾ってみました♪
私も、一本ぐらいは映画館に行きたいと思っていますが、果たして...

リヴォルト
2017061222271677c.jpg地球が未知のロボットに侵略される様を描いたSFアクションです。機械のクモのような生命体が登場するようです。
檻に入れられ記憶喪失状態で目を覚ました男は、隣の檻にいた女医のナディアから地球が侵略されたことを知らされます。男が米軍の兵士だったことが判明し、檻から脱出して侵略の目的と、自らの情報を求めて米軍基地を目指します。外には見たこともないロボットが人々を襲う光景が広がっていた...
両者がどんな激しい戦いを展開させるのでしょうか。
映像作家のジョー・ミアーレという方が「初の長編監督に挑んだ作品」とのことで、どんなSF映画なのか気になるところです
7月1日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。

ディストピア
パンドラの少女
20170612222729ed9.jpgM・R・ケアリーのベストセラー小説「パンドラの少女」を著者自身による脚本で実写映画化したSFスリラーです。
近未来、ウィルスのパンデミックによって人類のほとんどが凶暴な「ハングリーズ」となってしまい、生き残った人々は壁に囲まれた安全な基地内で暮らしていました。ウィルスに感染しても見た目が変わらず思考能力も保ち続ける「セカンドチルドレン」たちが収容され、彼らからワクチンを作り出すべく研究が行われていましたが、ある日、その子どもたちの中に特別な知能を持つ少女が現われます...
オーディションで500人以の中から選ばれた新人セニア・ナニュアが主演を務め、シッチェス映画祭で女優賞を受賞しているとのこと監督は、テレビドラ「SHERLOCK シャーロック」シリーズの「三の兆候」を手掛けたコーム・マッカーシー監督です。
7月1日より公開

ライフ
20170612222742006.jpg6人の宇宙飛行士たちが地球外生命体と遭遇するSF映画です。
火星から国際宇宙ステーションに持ち帰ったゾウリムシのような生命体。しかし、恐るべき速さで成長した生命体はクルーたちに襲いかかります。あらすじだけ聞くと、そのへんに溢れている内容ではありますが、どうやら想像通りにならない裏切りが用意されているようです。
またこの手の作品か...と流してしまうのは勿体無いとのことも書いてあります
想像がつかないような驚き、ワクワク、ヒヤヒヤを提供してくれそうです。そして、日本が誇るハリウッド俳優の真田広之さんが出演!宇宙飛行士役として「デッドプール」のライアン・レイノルズ、「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホール、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソンが熱演。監督は「デンジャラス・ラン」でライアンとタッグを組んだダニエル・エスピノーサで作品を彩ります。
7月8日から全国ロードショー

ヒトラーへの285枚の葉書
2017061222275842f.jpg実話をもとにした作品の登場です!
戦争で一人息子を失った夫婦がペンとハガキを用いてヒトラー政権に抵抗する様子を描くサスペンスドラマです。「ハワーズ・エンド」でアカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ・トンプソンと「未来を花束にして」のブレンダン・グリーソンがクヴァンゲル夫妻として共演します。
予告編では「自分を信じろ。ヒトラーを信じるな」と書いたハガキをさまざまな場所に配置したことで、政権側の人々に目を付けられるクヴァンゲル夫妻の姿や、「反逆者はすべて始末しろ」と命じられたダニエル・ブリュール演じる警部が、男の頭に拳銃を突き付ける緊迫した様子が描かれています
スイス出身の俳優、ヴァンサン・ペレーズが監督を務める作品として注目されているようです!
7月8日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

君はひとりじゃない
20170612222815ad5.jpgこちらの作品はポーランド発の映画です。
「ラヴァーズ・ダイアリー」のポーランド人女性監督マウゴシュカ・シュモフスカ監督が手がけたヒューマンドラマです。母を亡くし心身が病んでしまった父と娘が、セラピストを介して心の溝を埋めていく模様を描きます。キャストに「トリコロール/白の愛」のヤヌシュ・ガヨス、「カティンの森」のマヤ・オスタシェフスカ。
第65回ベルリン国際映画祭では銀熊賞(監督賞)を受賞しています
予告編では、邦題にもなったジェリー&ザ・ペースメイカーズの楽曲「You'll Never Walk Alone(君はひとりじゃない)」をバックに、母を亡くした2人が心を閉ざした状態から再生していく姿が描かれ、映像の終盤には“大切な人と向き合えていますか”というコピーが胸打つ作りとなっています。
私が興味を持ったのは内容もありますが、Facebookから出演女優を発掘した経緯があるということ。何がキッカケで目につくかわかりませんね〜
7月22日公開

以上、間もなく公開される作品です。
下旬は私が密かに楽しみにしている「おまえはまだグンマを知らない」の劇場版が控えています(笑)
とにかく、夏休み前から大作映画がラッシュです!
毎日、映画館に行きたいです

本日から、少々、忙しくなってしまいますのでコメント欄を閉じさて頂きます。


ポチりと応援お願いします📽
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

スパイダーマン新作です

2017060512303716d.jpg

スパイダーマン新シリーズ
『スパイダーマン:ホームカミング』
の日本公開が2017年8月11日となっています。

一人前のヒーロー気取り、15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになっていく成長と奮闘を描いた作品となっています。

新スパイダーマンがヒーローデビューを果たしたのは
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」です。
20170606205325e29.jpg

人類の平和を守るはずの最強チーム、アベンジャーズは<チーム・キャプテン・アメリカ>と<チーム・アイアンマン>に二分されて禁断の戦いへと発展していきました。空港で両軍が対峙する最中、物陰に隠れて両軍の危機迫る様子を撮影していた、その人物こそ、15歳の新人ヒーロー!

興奮を抑えられない様子で「キャプテン・アメリカだ! アイアンマンもいる! あれは誰だ?」と実況する中、憧れの師とも言うべきアイアンマンから「新人!」とコールされ慌てる様子を自撮り(笑)
さらに両軍の激しい戦いの最中、キャプテン・アメリカとの激闘を自撮りで語ろうとするも、巨大化したアントマンによって自軍のウォーマシンが捉えられ戦いに戻っていくスパイダーマンの姿も収められていました。

戦いを終えても興奮冷めやらぬ様子で当時の状況をやっぱり自撮りで語るピーターでありました...
マイケル・キートン演じる敵バルチャーも登場し、アイアンマン、バルチャーが写るポスターもカッコイイものに仕上がっています!
スパイダーマンはシリーズが沢山あって「一体、どれが本当なん?」とツッコミたくなりますが、今回は一人の少年が本当のヒーローに成長していく物語ということで、また違った形を拝見できそうです。

この三者がどんな戦いを繰り広げるのか、楽しみです♪♪

ポチりと応援よろしくお願いします🕷

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

途中経過とユル統計

20170604070821113.jpg

先週の一週間、月曜日から土曜日まで視聴映画をリストアップした
第二回 Movie WeeK。

ここまでで、私の視聴映画紹介数は
232
となりました。

単品紹介、リスト、図鑑、小ネタ...
第一目標である

1000作品リストアップ計画

ようやく約2割という感じです。
皆様の訪問、コメントに助けられ、楽しみながらやらせて頂いております♪

ブログを始めてから、ジャンル、数を記録していることもあるので、ザックリと統計を出してみました。
数字化することで見えてくる事実...
ということで、やってみました。

注)
私目線でのジャンル分けですので、多少微妙なズレがあります。
パーセンテージは小数点以下、繰り上げ下げにて..
おおよそです(笑)

SF
64作品 約28%

ホラー
43作品 約19%

ヒューマンドラマ
28作品 約12%

アクション/サスペンス
33作品 約14%

B級作品群
22作品 約9%

コメディ
11作品 約5%

恋愛
9作品 約4%

特撮/アニメ
18作品 約8%

ドキュメンタリー
4作品 約2%

やはり...
SF・ホラー作品群はダントツのリストアップ数です。
観ている数から紹介数が上がるのはわかっていましたが(^_^;)
B級、コメディ作品は思ったより紹介していませんね...
もう少しあるかと思いました。

ドキュメンタリーはさておき、わかっていましたが恋愛ジャンルは露骨に出ます。
要強化です(笑)

そんなわけで、現状は以上です。
待機している作品も、まだまだありますから意識してリストアップすれば、数字は多少の変化が現れるかと思います。

どうしても好きなジャンルに偏りが出るのが映画です。
昔、独りでやっていた「〇〇月間」とか復活させようかな...
ひたすら同ジャンルを視聴し続けるというストイック?な自分イベントです(笑)

まだまだ観たい作品が多いですが、この趣味はネタ切れになることがないですし、ゆっくり娯楽として楽しめるので助かっています。
とりあえず、ゆっくりゆるゆる歩いていこうと思います。

今週末は何を観ようかなぁ〜〜♪♪
もう休み前気分です(笑)

ポチりとお願いします🤗

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

映画リスト26【Movie WeeK最終日】

皆様、週末いかかお過ごしでしょうか?
今週月曜日から続けてきたMovie WeeK
本日は6日目の最終日となります♪

今回、最後を飾る作品は果たして何かッ‼️
それではいってみましょう

NO.131
セブン・イヤーズ・イン・チベット
20170604065101d16.jpg公開 1997年
監督 ジャン=ジャック・アノー
時間126分

実在した世界的登山家ハインリッヒ・ハラーの自伝映画。彼がチベットで過ごした7年間と、そこで出会ったダライ・ラマの交流を描いています。自分の価値観、考え方を良い意味で変えられ、本当に大切なものは何かというものを見つけていきます。
私も今まで考え方を変えらる程、影響を受けた人はいました。これからも、そんな出会いがあれば良いですね!
この作品は、亡き母が珍しくレンタルしてきた作品で、一緒に観たわけですが...
何か悟りでも開こうとしてたのか?理由は聞かなかったので、真相は不明です(笑)

NO.132
タスマニア物語
20170604065114e2c.jpg公開 1990年
監督 降旗康男
時間 110分

小学生の主人公が、春休みに離婚してオーストラリアに渡った父親に会いに行きます。父は一流企業を退職して、絶滅したとされるタスマニアタイガーを探していた...
そんな物語です。息子が離れ離れになった父親との交流を取り戻していきます。大人事情がチラつきますが、主は父と子の冒険心、成長そして自然が全体のテーマだと思います。
肝心のタスマニアタイガーは!?
...それはラストに明らかになります。私は映画内容うんぬんより、ファミリーで観た場合、夢のある締め方は賛成です。
そして、これをレンタルしてきたのは父でした。私との交流希望だったのか(笑)?

NO.133
ザ・フォッグ
201706040651289b6.jpg公開1980年
監督 ジョン・カーペンター
時間 89分

誕生100周年に沸く小さな港町で、突如として発生した濃霧の中、次々に起こる不可解な殺人事件。事件の真相を知った主人公は惨事を防ぐために立ち上がるが...
ホラーの巨匠ジョン・カーペンターが贈るゴシックホラーです。さすがといいますか、ジワジワくる怖さの演出が光ります。
霧という「静」に対して、それに含まれる恐怖がギャップの中で一層、引き立てられていた気がします。グロ描写がほとんどなくて、ホラー観たいけど...と躊躇している方にはオススメかと。サスペンス要素も強いのでホラー全開な作品ではありません!

NO.134
タイムマシン
20170530095244e3c.jpg公開 2002年
監督 サイモン・ウェルズ
時間 96分

大学教授のアレクサンダーが、婚約者の女性を殺されてしまう。研究に没頭してタイムマシンを完成させ、婚約者を救うために過去へ...という物語です。この作品は過去に助ける術がないと、最終的に80万年後の未来に辿り着くわけですが...
遥か未来に何かヒントがあるのかと深読みしていた私でしたが、物語はアララ?と、おかしな展開に(笑)え?結局、そうなの?という、ちょっとガッカリな結末でありました。もう少し、主人公の心情描写を描いていたら共感できたかも。


さて、いよいよ次は
第二回Movie WeeKのラストを飾る作品となります♪
いってみましょう‼️
今回、最終作品に選ばせて頂きますのは、この映画👉


NO.135
リトル・ミス・サンシャイン
201705300952595d4.jpg公開 2006年
監督 ジョナサン・デイトン
時間 100分

美少女コンテストで優勝することを夢みる小太り眼鏡の少女。地方予選を繰り上げ優勝したことで、夢の舞台へのキップを手に入れます。1000km離れた会場へ一家で車旅を決行!道中、様々な困難が待ち受けるが、果たして無事に会場に辿り着くことができるのか!?そんな家族を描くハチャメチャコメディ作品です!
クセのある家族で、一人ひとりの設定、個性が際立ちます。道中のアクシデントを乗り越える様子、バタバタ感から「これ、ありそう」と笑ってしまうような場面も。
悲しい出来事もありますが、それを乗り越えてバラバラだった家族が一つになっていきます。最後のクライマックスは、いけ!やっちゃえ!!と私も手拍子したくなりました(笑)勝ち負けにこだわることなく、貫きたい気持ち、頑張る気持ちがある人がいるなら、全力で力を貸す...それが家族ならば尚更です。そんな家族でありたいと思えた作品でした!個人的にミニキャッチコピーをつけるなら...
「ハグは家族を救う」ですかね(笑)
20170531111329448.jpg 20170531111317057.jpg


というわけで、本日でMovie WeeK閉会となります🤗
今週、月曜日から6日間で30作品をリストアップしてきたわけですが、観た、聞いた、知らない、興味湧いた...そんな作品はありましたでしょうか?
私も皆様のブログで知った作品が、多くあります。おかげさまで、観る映画に困ることなく充実しています♪♪♪
年間約400作品が生まれると言われる中で、発掘しきれていない名作がきっと存在します。それを探し求めて旅を続けていこうと思います。

お付き合い、ありがとうございました🙇
それでは皆様、良き週末を‼️
また来週、お会いしましょう〜✨

ポチりと応援よろしくお願いします📽

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画リスト25【Movie WeeK】

本日5日目を迎えました
Movie WeeKであります♪

月曜日から毎日、視聴5作品を紹介してきました。ラストに向けヒートアップさせていこうと思います‼️
紹介数は、いつもと変わらないです(笑)
さぁ、行ってみましょう♪

NO.126
ターミネーター2
20170529135746909.jpg公開 1991年
監督 ジェームズ・キャメロン
時間 137分

今更、説明不要な名作。人類と機械の戦争が続く近未来から送りこまれるマシーンと人間の戦いを描いた作品です。いやぁ、ハマりました。最初から最後までテンションは常にピークです(笑)人間模様、アクション、ストーリー、どれも最高!液体ターミネーターの映像が素晴らしい!この年代でのクオリティに乾杯です。
8月11日より日本が最速上映とのことで「ターミネーター2 3D」が公開となります。さらに映像美が進化した作品を堪能できそうですね!

NO.127
悪魔のいけにえ
201705291358016a3.jpg公開 1974年
監督 トビー・フーパー
時間 84分

人皮のマスクを被った殺人鬼レザー・フェイスに襲われる若者達の恐怖を描いたホラー作品です。年代の映像が怖さを倍増させています。殺人鬼ホラーは、お色気シーンがお約束だったりしますが、この作品はそんなユーモアはナッシング。純粋に恐怖を演出しています。レザー・フェイスの少年期を描いた前日譚が10月に公開されるとのことですので、リメイク作「テキサス・チェーンソー」と併せて観るのも楽しそうです。この殺人鬼、実在したらしいですが...

NO.128
アバター
20170529135813d07.jpg公開 2009年
監督 ジェームズ・キャメロン
時間 169分

ある惑星にやってきた人類と、そこに住む住人達の戦いを描いた作品です。間違いなく「映画館で観ればよかった!」と感じる、圧巻の映像美。俳優とCGを融合させた作りは、CGだけど生々しいリアルを感じさせます。続編準備が進行中とのことですが、凄いことになっています。
「アバター2」2020年12月18日
「アバター3」2021年12月17日
「アバター4」2024年12月20日
「アバター5」2025年12月19日

だそうです...
かなりの長編です!テンションをキープできるでしょうか(笑)

NO.129
オリエント急行殺人事件
20170529135826dfa.jpg公開 1974年
監督 シドニー・ルメット
時間 131分

名探偵ポアロが、イスタンブール発のオリエント急行内で発生した殺人事件に、持ち前の推理力で挑むミステリー作品です。
友人と観た映画ですが、ポアロが結構サクサク推理して解決という感じだったので、観ている側にもう少し考えさせてほしかった(笑)内容は面白いですが...
2017年12月に豪華キャストでリメイクが公開されるようです。ジョニー・デップも出演とのこと。「マイティー・ソー」のケネス・ブラナーが監督、ポアロ役としても出演します!

NO.130
ハムナプトラ
20170529135841743.jpg公開 1999年
監督 スティーヴン・ソマーズ
時間 124分

伝説の都ハムナプトラを目指しての冒険を描いたSFアドベンチャー作品です。シリーズ化、スピンオフもありますね。エジプトと言えばミイラ!といことで、彼らが主役とばかりに登場します(笑)
今年の7月28日(金)より、トム・クルーズ主演でリメイク公開となります。
「ザ・マミー/呪われた砂漠の女王」
監督はトランスフォーマーやミッション:インポッシブルシリーズを手掛けてきた監督兼プロデューサーのアレックス・カーツマンとのことです!

本日は以上となります🤗
今年、または近年に続編、リメイクが控えている視聴映画を並べてみました♪
これからまだまだ、昔の名作がリメイクされてきそうな予感です。
明日はいよいよ最終日です‼️今週最後を飾る作品は⁉️
それでは、また明日〜〜👋

ポチりと応援よろしくお願いします📽

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。