FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤツが・・・来ない

20170224223639d7f.jpg

早いもので2月も、今日で終わりですね。
それにしても、おかしい...

ヤツの気配を感じない。

何故だ?

例年からすると、とっくに来てもいいはずなのだが。
どうなっているのか...

そう。
私が警戒しているのは「花粉」
201702242237045ae.png
毎年、2月の中旬になれば、それはそれは恐ろしい事態が発生する。

目は赤く腫れ

鼻は詰り

喉が痒い

おまけにボーっとするし、風邪をひいているわけでもないのに頭がイタイ。


常に私の身体には
20170224223652888.jpg
警報が発令されている状態のはずなのだが...

一体、どういうこと?
何かの変化か、進化...あるいは適応か。

しばらく様子を見るしかない。
なにかがキッカケで治ったなら、それでいいのだが。

う~ん...人体の不思議。

ポチっとお願い致します😷
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

途中経過

20170224223604ef0.jpg

先週は、自分の視聴した映画を紹介する「映画リス」を一週間、続けてきました。
もちろん紹介しきれない作品も多々ありますが。
とりあえず現時点の確認してみよう。
私のブログで紹介した映画は現在の数は?...

少し気になったのでカウントしてみることにしました

私の場合は

リストとしてナンバーが入った作品

個々でピックアップした作品
 
記事の小ネタで出した作品

主に、この3つを対象としてカウント。
画像だけチョイ出しした作品も「種」として見た場合

      




どうやら

登場作品数は133


となるようです。
間違っていないと思いますが(笑)

まだ、それしか消化してないみたいで...
まだまだ、これからのようです

まぁ、私の趣味は、映画というものが無くならない限り、終わらないということになっています。
自分の楽しいことベスト5に「レンタル店のDVDコーナーにいること」がランクインするほど、安い男ですので...

この場所で
2017022422361850e.jpg  
「君との出会いに乾杯」



みたいなことを楽しんでいきます

これからも良作を探す旅は続きます...

本日も訪問ありがとうございます
ポチっとお願い致します🙇
関連記事

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

映画リスト15【Movie WeeK最終日】

今週火曜日から連続で走ってきた
映画リストWeeK

本日が6日目の最終日となります!
当初の目標は鑑賞映画50作品を紹介する...ということだったわけですが...
ま、細かいことは抜きにして、さっそく参りましょう

NO.76
ジュマンジ
20170222230908158.jpg公開 1995年
監督 ジョー・ジョンストン
時間 104分

ボードに書いてある指示が現実となってしまう呪われたゲームをめぐるファンタジー。幼い姉弟が屋根裏部屋で、そのゲームを発見して手を出したから、さあ大変!このゲームをクリアできるのか?今になって観ると、ビックリするほどCGのチャチさが際立ちます(笑)改めて最新の技術の凄さを感じます。しかし内容は面白い!というか楽しい!こんなゲームがあったらプレイしてみたくなりますね。誰が何のために作ったのか不明...それがまた魅力の一つなのかもしれません。どうやらリメイクされて来年公開予定との話しもありますが、どうなるやら。子供向けと侮りがたし、この映画はしっかりと家族愛を描いたファミリー向けの作品なのです!

NO.77
ゴーストライダー
20170222230854a71.jpg公開 2007年
監督 マーク・スティーヴン・ジョンソン
時間 110分

悪魔に魂を売り、病気の父を救った青年。30歳になった彼が最愛の女性に再会した時、再び悪魔が現れ、魔界の反逆者ブラックハート一味を捕らえるよう言い渡されます。彼は魔力でゴーストライダーに変身し、追跡を始めます。同名のマーベル・コミックの人気キャラクターを実写化したアクション映画です。アメコミ系の映画は好きで必ず手にとってしまう私。ヒーローっぽくないヒーローが私、大好き!ガイバーとかスポーンとか...とりあえずハルクも(笑)
この映画で例えるなら、ビジュアルはお世辞にも正義を感じられませんが、とにかくカッコいい。バイクもイカす!単車乗りだった私としては大変楽しかった。変身シーン、風を切りながら疾走する姿、バシバシ敵を倒す圧倒的な強さは爽快です。しっかり、続編ありますよ♪

NO.78
私の頭の中の消しゴム
20170222230825943.jpg公開 2004年
監督 イ・ジェハン
時間 117分

恋に落ち、結婚した男女。幸せな日々が続くと思われたが、彼女を不治の病が襲うことになる。若年性アルツハイマーという重いテーマを取り上げ、最後まで希望を捨てず病気と向き合う姿を描く作品です。
実際に存在する病であるが故に、リアルで切ない物語です。私が彼の立場だったら、こんなに強くいられるでしょうか...間違いなく過酷な現実が待っていると知っていても、立ち向かう勇気があるでしょうか...
この病に限らず、病気と向き合い、闘っている方々がおられる中で、再度、自分の中の「当たり前の幸せ」を考えさせてくれた映画です。ベタな恋愛映画という見方ではなく、実際にある病気を題材にした半ドキュメンタリー作品として考えてみてはいかがでしょうか?

NO.79
パンプキンヘッド
20170222230840237.jpg公開 1988年
監督 スタン・ウィンストン
時間 86分

バイク集団に息子を殺された男。復讐を決意した彼は、村に古くから伝わる伝説の悪魔を復活させる。しかし蘇った怪物は想像を超える残虐性を発揮。自分の過ちを正すため、男は再び怪物を眠りにつかせるために戦いを挑むという物語。
私の大好物B級作品であることは間違いありません!シリーズも4作品と豊富♪「ターミネーター」や「エイリアン2」の特殊メイクアップ・アーティストであるスタン・ウィンストンの監督デビュー作。
彼らしいモンスターです...が!
監督としての意気込み的な部分を、全くと言っていいほど感じられない、困った映画です(笑)出来がイイか悪いかで言えば、悪いわけです。まぁ、この辺りが大好物な部分だったりするわけですが。キャスト陣の中で、エイリアンシリーズに出演していたランス・ヘンリクセンの存在だけが異様に光る作品だったりします。


とりあえず...
目標50は厳しいので...

次、映画リストWeeK
ラスト作品になります(笑)







それでは
ガチャガチャ...







ポン






20170224154720b8b.png20170224154732ffd.jpg

※私の知らない映画はレア扱いとなります。
自分本位で申し訳ありません(笑)







NO.80
インサイダー
20170218215532588.jpg公開 1999年
監督 マイケル・マン
時間 158分

報道番組のプロデューサーのもとに匿名の書類が届けられる。それは、あるタバコメーカーの極秘ファイル。彼はその書類の意味を探るうち、ワイガンドという人物に行き当たる。アル・パチーノとラッセル・クロウ共演の社会ドラマ。実話を基に、大企業の隠蔽工作を告発する人間達の葛藤を描きます。
この映画は節約ドットコムさんのブログで紹介して頂いた作品です。「実話を元にした」というフレーズに弱い私。法廷の緊張感、リアルな報道描写、企業の駆け引き...2時間30分を感じさせない面白い演出、脚本。そして、これまたシブい!アル・パチーノ&ラッセル・クロウの“漢”と書いて男を感じさるクールさが引き立ちます。激しいアクションや感動とは違う「静の中にある重厚」。
正義は勝つという単純な図式ではない、この物語。コーヒーでも準備して、しっかり腰を据えて鑑賞することを、絶対にオススメします!


【感想】
さて、今週やってきた映画リスト。
皆様からコメントを頂き、共有している作品があったり、気になるものが提供できたり、持って頂いたり充実した一週間となりました!
目標の50作には届きませんでしたが(笑)
まだまだ観たことのない映画は星の数ほどありますが、皆様から紹介して頂いた作品や、フラフラしながら発見したものを観たりして種をまきつつ、自分の棚を埋めていければと考えています。
四半期ごとに一回のペースで、このWeeKをやりたいなぁ...
気まぐれにポツポツと映画紹介をしていくスタンスは変わらないので、映画リストシリーズは終わりません!

さて、次回は何を出そうかなぁ〜
お付き合い頂きまして、ありがとうございました

ポチポチとお願い致します📽

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画リスト14【Movie WeeK】

皆様、週末いかがお過ごしでしょうか。
いよいよ5日目に入りました私の
映画リストWeeK📽
土曜日の今日も張り切って、視聴映画をゆるゆる紹介していきま〜す🌸

NO.71
マイ・フレンド・ フォーエバー
2017022106533486f.jpg公開 1995年
監督 ピーター・ホートン
時間 100分

引っ越してきたHIVに感染した少年と、隣に住むエリックの友情を描いた作品。最初は敬遠していたエリックですが、いつしか心が通い友情が芽生え、治療法を見つける旅に出発するという物語です。私の大好きな作品です!子供ながらに必死になって行動する姿、悪ガキエリックに息子を連れ回されながらも、それを見守る母の姿、最後のシーン...今でも時々、観る作品ですが変わらず涙が。友達とは何か?人として、こうありたいと考えます。彼らが起こす行動は、大人から見れば意味のないことかもしれません。しかし、その一所懸命な姿に奇跡というものがあるのならば、彼らに与えてあげたいと感じます。これは子供にも観せたいのはもちろんですが、大人になった私達が観るべき作品ではないかなと思います。素晴らしい感動作!

NO.72
殺人の追憶
2017022106534708b.jpg公開 2003年
監督 ポン・ジュノ
時間 130分

農村で若い女性の変死体が発見される。地元の刑事が地道な取り調べを始めますが、現場は大勢の見物人で荒らされ、なかなか証拠がつかめない状況に。そんな中、第ニの事件が起きてしまう...
実際に起きた未解決連続殺人事件をテーマにしている作品です。事実を基に綿密に構成された衝撃サスペンス!作品内容は重いしモヤモヤしますが、数少ないながら観てきた韓国映画の中で一番、凄いと感じた作品。胸を掴まれるというか、えぐられるというか...最後に余韻に浸りながら、色々と考えてしまいますね。人から勧められて観たのですが後半から画面に釘付け。準備していたポテチに手が伸びず、大量にあまる事態に(笑)当時の時代背景とか勉強したら更に深みが増しそうな感じがします。これは、超オススメです!

NO.73
REC/レック
201702210654255b7.jpg公開 2007年
監督 ジャウマ・バラゲロ
パコ・プラサ
時間 77分

封鎖されたアパートで起こる惨劇を、テレビ番組の手持ちカメラ視点で展開されるドキュメンタリー方式のパニック・ホラー作品です。今では、この手法による作品は珍しいものではありませんが、数ある作品の中で私はコレを紹介します。あまり書くとネタバレに近い形になってしまうので、凄いなぁと感じた部分だけ書いてみます。それは「作品の時間」です。映画にしては短いわけですが、それが効果的。長々やっても飽きる上に、怖さが慣れてしまうドキュメンタリー方式の弱点を克服したと言えるのではないでしょうか。ギュっとしたことによって、怖さと不気味さを残したまま終わることができます。内容としては、ありきたりな感じはしますが、この時間配分の点だけは拍手だと思っています。ちなみに続編は全て付き合いましたが、根気がある方だけにオススメします(笑)

NO.74
リンダ リンダ リンダ
20170221065402e99.jpg公開 2005年
監督 山下敦弘
時間 114分

高校を舞台にガールズバンドの奮闘を描いた青春ドラマ。高校生活最後の文化祭にオリジナル曲を作って練習してきたが、ギターの担当者が指を骨折してしまう。途方に暮れる彼女達。果たしてどうなってしまうのか?この映画でカバーするのは80年代を代表するバンド「ザ・ブルーハーツ」の代表曲リンダリンダです。まぁ...キラキラしておりますね(笑)自分にも、こんな時代があったなぁと考えながら観ていました。
笑える場面もあり、もう一度、あの頃に戻って青春したいぜ!って、不覚にも思ってしまいましたね。何故かブルーハーツというのに加え、バンドボーカルに韓国の女優「ペ・ドゥナ」さんが入るという、異色なコラボも面白かった!
私の妹が吹奏楽部に在籍していた高校時代という背景があったため、なんとなく手にした作品。部活で汗と青春を経験していた人にはウケる...かもしれません。

NO.75
ダイナソー
20170221065442c1e.jpg公開 2000年
監督 エリック・レイトン
ラルフ・ゾンダグ
時間82分

6500万年前の白亜紀。突如として空から巨大な隕石が落下し、緑の平原は焼き尽くされ、湖は干上がり、大地は荒れ果ててしまう。生き残った恐竜たちは楽園を求めて移動を開始する。実写とCG映像で恐竜の世界を描いたディズニー作品です。
やはり見所は映像美。世界各地を撮影したという背景映像には感動!個人的にポイントは敵として採用されたのがティラノサウルスではなく、カルノタウルス。恐竜好きの私からすると、マニアックな感じが好きだったりします(笑)生き延びるためにはどうしたらいいか?という、やりとりの中から教訓のようなメッセージ性も感じられるためファミリーで観てもよいかもしれません!


5日目終了となります。
25作品の紹介が完了しました...
いよいよ明日は映画WeeK最終日となっております。

あれ?

目標数50
どうした?
いやいや、最終日が残ってますから!


ポチっとお願い致します🙇
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画リスト13【Movie WeeK】

いよいよ4日目に突入となりました
映画リストWeeKです
目標が50作品に対して、進捗は15作品という状況ですΣ(-᷅_-᷄๑)
完全に30作品のペースでフラフラしていますが、楽しみながら頑張ります(笑)
それでは、いってみましょう

NO.66
2012
20170218215745739.jpg公開 2009
監督 ローランド・エメリッヒ
時間 158分

マヤの2012年地球滅亡説を映画化した作品です。地球規模の大津波と、地震、都市の崩壊が大迫力で描かれています。こういった世紀末的な作品は多数ありますが、地球が崩壊していく様子が、かなり激しく表現されている印象を受けました。地球...大丈夫?心配になります(笑)こうなると人類も策を練るわけですが、そうなると「地獄の沙汰もナンとやら」...必要になるものがありまして。現実に起こったら、やはりこうなるのかなぁ...と考えてしまいます。とりあえず地球が、こんなガチャガチャにならないことを祈ります

NO.67
プレデターズ
20170218220958acc.jpg公開 2010年
監督 ニムロッド・アーントル
時間 107分

目が覚めるとジャングルの中にいた。
彼らは傭兵、殺し屋、軍人、工作員など、戦闘のエリート達。彼らは何故、集められたのか...彼らの前に現れたのは、光学迷彩で姿を隠しながら襲ってくる地球外生命体だったという物語です。シリーズを観ている人には楽しめる作品だと思います。この映画の思い出はCMです。CM後半で主人公に無数のレーザーポインターがビシッと当たり、観ている人からすると「絶対絶命」の状態が演出されているのですが、本編にその描写はないというCM詐欺(笑)
あれ?と疑問を持ちつつ、モヤモヤと鑑賞しました。来年にはプレデターの新作が公開される予定です。ナンダカンダで需要があるのです。

NO.68
スカイライン -征服-
20170218215733d71.jpg公開 2010年
監督 グレッグ・ストラウス
コリン・ストラウス
時間 94分

突如、青白い光と不気味な音を立て、謎の飛行物体が空を埋め尽くす。それらは、人間を次々と吸い上げていった!そんな人類滅亡の危機を描いた作品です。この作品の見所はVFXと先の予想ができないという2つにあると思います。わずか20名ほどのスタッフで作り上げたと認識していますが←(だった気がする)それにしては豪華です。少数精鋭とはこのことでしょう。後は展開...
主人公達の視点で進行されるわけですが、この突然の事態に説明はなく、ただ翻弄される人間を描いています。現実にはこうなるだろうというリアルさがあるように感じますね。主人公達が絶望に追い込まれていく中、果たして結末は?終わり方は唖然とするものの、もしや⁉︎と考えさせられる要素を含んでいます。下手に続編を作らないほうがいい映画ではないでしょうか。

NO.69
パラサイト
201702182210109d3.jpg公開 1998年
監督 ロバート・ロドリゲス
時間 104分

グラウンドで見つけた奇妙な生物。その生物は水に浸かると動き出し、人間に寄生して操り始める。男女6人がエイリアンと戦う学園SFホラーです。シリアスなホラー作品と思いきや...騙された(笑)話しが進むにつれでB級のニオイがプンプン漂い出します。この生物どこからやってきたの?なんで、この学園なの?エイリアンの倒し方、全員納得してるけど「いつ・どこで」共有したの?というか、最終兵器がソレはありなんですか?と、ツッコミどころ満載
全然、怖くないし、むしろどこかコミカルで笑えます。私はホラー作品が苦手な方の入門作品として、この映画を推薦したいと思います。

NO.70
バクマン。
201702202357499b8.jpg公開 2015年
監督 大根仁
時間 119分

週刊少年ジャンプで連載していた、同名漫画の実写映画です。佐藤健さん、神木隆之介さんの「るろうに剣心コンビ」が敵対関係ではなく、今度は協力して漫画家を目指すという設定の青春ドラマとなっています。これは漫画の好き嫌いに関係なく、観ることをオススメしたい作品です。編集部の事情や週刊連載の大変さ、演出も斬新で観ていて飽きがこない感じ。最初から最後まで、すんなり映画に入り込めるのは凄いですね!ラスト間際、スラムダンクを読破した人なら思わず「ニヤリ」としてしまう演出があり、さらにエンドロールまでガッチリしがみつかせてきます。
あまり期待していなかった反面、凄さにビックリしたのはあるにせよ、私としては5点満点評価としたら5をつけてもいいと思うような作品でした。そんな風に思える映画というのは、なかなか無いので嬉しい出会いでした!

本日ここまで(笑)
今日で20作品ですか...
「予定とだいぶ違う」という空気は忘れて残り2日を駆け抜けようと思います。
さて、週末ですね〜(*´꒳`*)
皆様、よき休日?を

ポチッとお願い致します📽
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画リスト12【Movie WeeK】

本日3日目になります
映画リストWeeK❗️
このリストはジャンルを統一しておりません。そもそも、私がカテゴリー分けしていないのはガチャポンのように「何がでるかなぁ~」的な遊び心を重視しているためです(笑)
音楽番組とかで、懐かしい曲が流れると楽しめることありませんか?
あれ?私だけ🤔?
とにかくそんな感じですので、何が紹介されるかはお楽しみという考えなわけです❗️
それでは、参ります。

NO.61
IT
201702182157213e1.jpg公開 1990年
監督 トミー・リー・ウォーレス
時間 188分

人の弱さにつけ込むピエロの恐怖を描いた作品。主人公達の幼少期を描いた「前半」と、再会し結束して立ち向かう「後半」の2部構成で進行します。少なからず、ピエロ恐怖症が発生したという事実があるほど、影響を与えた映画です。3時間ほどある映画ですが、前半はホラー要素はなく、青春ドラマのような展開です。後半で、いよいよ主人公達をつけ狙うITとの闘いになっていきます。ITとは何者なのか?
この作品は今年の9月にリメイクされて、公開されることが決まっています❗️私はこの映画の「ラスト」に衝撃を受けまして...
まさか!嘘でしょ?と苦笑いした思い出の作品(笑)気になる方は一度、ご鑑賞してみてはいかがでしょう?

NO.62
バタフライ・エフェクト
20170218215757e58.jpg公開 2004年
監督 エリック・ブレス
J・マッキー・グルーバー
時間 114分

過去にタイムスリップして、現在と未来を変えることができる力を持つ青年。その彼が最善の形を作ろうとするSFサスペンスです。こうすればいい...それで丸く収まるはず。しかし、そんな簡単なものではありません。最善の策だと思っていたはずが、思いもよらない事態を巻き起こしてしまいます。何度も過去に戻り、修正を繰り返しますが...果たして彼は彼女を救うことができるのか?この映画はオススメです。一体どうなるのかハラハラドキドキ、目が離せません!主人公の心情が丁寧に描かれていて感情移入しやすいです。「あの時、こうしていたら...」そんな経験は誰しもが持っていることでしょう。それが修正できるとしたら?一見の価値ありです❗️

NO.63
ルームメイト
20170218221602914.jpg公開 2013年
監督 古澤健
時間 110分

交通事故に入院することになった女性(北川景子)が、入院先で知り合った看護師の麗子(深田恭子)と意気投合し、ルームシェアを始めることに。しかし、徐々に麗子の不可解な行動と共に、次々と事件が起こっていくというサスペンス映画です。
現実的に病院で知り合った人とルームシェアするかねぇ?という疑問がありますが、そこはスルーしましょう(笑)オチに関しては「なるほど」と思わせるドンデン返し系の内容になっています!とりあえず、魅力の一つに北川景子さんと深田恭子さんの悪女ぶりを堪能できるのがポイントでしょう。身近な人が突然、恐怖の存在になるという怖さを感じる作品。私が一番「うわぁ...」と顔を歪めたのは、やはり...
○鍋のグツグツシーンですね。

NO.64
スピード
20170218220944c6e.jpg公開 1994年
監督 ヤン・デ・ボン
時間 115分

路線バスに、時速80km以下になると爆発する爆弾が仕掛けられ、次々と起こるトラブルに立ち向かうSWAT隊員の活躍を描くアクションムービーです。今でも好きな映画の一つですが、一定のスピードを下回ると爆発するバスで、なんとかしようと街を走り回り、ヤバイヤバイッ、スピードが落ちるーーッ❗️と手に汗握り、ハラハラしながら観られる娯楽作。私もバスに乗っている客の一人のつもりで盛り上がりました❗️
もちろん爆弾魔となる犯人を追いつめていくわけですが...まぁ〜、この爆弾魔のシブとさといったらモンスター級です。ちなみに続編もありますが、一作目の面白さはどこ行った?と思うほど、ガッカリな仕上がりになっているため、私の中では無かったことにしています(笑)

NO.65
マウス オブ マッドネス
20170218221023c0e.jpg公開 1994年
監督 ジョン・カーペンター
時間 96分

失踪したベストセラー・ホラー作家の行方を追う保険調査員が、悪夢の世界に巻き込まれるサイコホラーです。深夜に少年が自転車に乗って走る、夜だったのがトンネルを抜けると朝になる、絵の中の枯れ木が違うものに変化、愛想のいいお婆さんが悪鬼へ変貌したりと、なんとも不気味で異様な空気感が漂う作品。現実と作り話しが交錯していて、観ている私はナニガナンダカ理解が追いつかない。誰か説明してほしい(笑)
グロテスクなシーンはあまりないものの、精神を病みそうになります。それに加えて、登場するクリーチャーの異様さが、さらに追い打ちをかけてきます。ジョン・カーペンター作品は、このような独特の世界観や雰囲気が魅力だったりするわけです。私はこの作品を、もう一度観たいのですがレンタルしてるのを見かけません...どっかにないかなぁ。

本日はここまで...
いやぁ、目標50作品が厳しいですね(笑)
しかし、お陰さまで充実しております←自己満足気味
明日も頑張ります。

ポチっとお願い致します

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画リスト11【Movie WeeK】

本日、映画リストWeeKの2日目になります~
日曜日までに50作品を紹介する目標ですが、果たしてどうなるやら(笑)
このままのペースだと無理なんですけど...
とにかくスタートです!

NO.56
スフィア
201702182156246b5.png公開 1998年
監督 バリー・レヴィンソン
時間 134分

「ジュラシック・パーク」のマイケル・クライトン原作の海洋サスペンスです。水深数百フィートの海底で、得体の知れない物体が発見され、調査のため向かう調査員達ですが、彼らはそこで発見した巨大な球体により、かつて人類が体験したことのない恐怖を体験するSFサスペンスです。
とにかく親切な映画ですね。細かく説明が入り、鑑賞後に疑問が残らないといった感じです(笑)終わった後に「あれさ、こういう意味だよね?」「いやいや、実はこうじゃない?」という考えさせるようなことはありません。最後まで観れば、良くも悪くも一件落着であります。深く考察する必要がないため、2度3度、見直す必要はありません。古めの映画ではありますが、映像も悪くありませんので、楽しめる作品だとは思います。

NO.57
グエムル 漢江-ハンガン-の怪物
201702182156580a8.jpg公開 2006年
監督 ポン・ジュノ
時間 120分

韓国のオアシス、漢江(ハンガン)に突如出現した怪物を巡るパニック映画。怪物に娘を奪われた一家の奮闘を描いています。この映画、観ると「あれ?」という“違和感”がやってきます。パッケージだけ見ると、なんだかシリアスなモンスター映画なのか?と印象を持つのですが、始まってみると、なんだかウケを狙っているような、いないような。「これはコメディですか?」と言いたくなるほど、しつこく笑いにこだわる部分が多いのです。そんなイメージを感じるのですが、私にはツボが違ったのかな...ワラエナイ。
グエムルのCGはよくできていました。デザインも私好み(笑)一つ言えることは、決してシリアスな映画ではないということですね。まぁ、どんな怪物か知りたいだけで観た作品ですので、私は満足ですが。

NO.58
県庁おもてなし課
201702182156115c9.jpg公開 2013年
監督 三宅喜重
時間 123分

高知県庁に実在する「おもてなし課」を舞台に、職員たちが高知の観光振興のためひた走る姿を描く作品。主演は関ジャニ∞の錦戸亮さん、ヒロインに堀北真希さんというキャストです。実在するものをベースに作られているという興味から手にとった作品なわけですが、非常に良かったです。というか、そもそもあまり期待していなかったからかもしれません(笑)
主演の錦戸亮さんですが、ジャニーズジャニーズしていないから「本当にいそう、こんな人」というリアル感がよろしい感じ。物語は...まぁ、とくに山もなく平坦に進行するわけで、ドカーンという盛り上がりもないのです。実際に、このように観光促進のために奮闘した課があったのかぁと、気軽に観る映画となっています。エンディングで流れる映像は好きです!

NO.59
藁の楯
201702182155599e5.jpg公開 2013年
監督 三池崇史
時間 125分

少女が惨殺される事件が発生し、藤原竜也さん演じる「清丸」が指名手配される。清丸を殺せば10億円の謝礼を支払うという新聞広告が出され、身の危険を感じた清丸は警察に出頭。清丸の命が狙われるという状況下で警視庁SPは凶悪犯を移送することになります。サスペンス要素も良いのですが、何気にアクションにも力を入れている感じが良いですね!正義とはなんでしょうというメッセージ性も強く感じられました。
そして藤原竜也さんのクズっぷりは、さすがでした(笑)彼は「るろうに剣心」の志々雄役の時もそうですが、ホント悪役が様になりますね。あの笑い方...男の私でも、ちょっとシビレます←そっちの気はありませんよ!

NO.60
遊星からの物体X ファーストコンタクト
20170218215709148.jpg公開 2011年
監督 マシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr
時間 103分

ノルウェーの南極観測隊が、氷の中に閉じ込められた未知の生命体を発見。調査のために考古生物学者のケイトが、彼らの基地に向かう。しかし、生命体は解凍されて長い眠りから覚醒。それは生物の体内に侵入し同化して、宿主そのものに擬態する生命体だった...
これは1982年の作品である「遊星からの物体X」の3日前を描いた前日譚です。観れば納得ですが、この怪物造形のグロテスクさといったらピカ一です。絶対に遭遇したくないSF生物ランキングでは上位に食い込むこと間違いなし!←そんなランキングはありませんが(笑)1982年の作品もかなり古いですが、現在のCGに負けていません。今でも違和感なく観られるのは素晴らしいの一言。せっかくですので2本借りて、一気に、好きな順で観るのも娯楽かと思いますよ♪


本日は、ここまで!
あ~...これは30本ペースだなぁ(;一_一)
明日は3日目に突入です。

応援よろしくお願い致します
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画リスト10【Movie WeeK】

今週は映画リストWeeK
今日から日曜日まで視聴映画を紹介し続けます‼️
ジャンル統一性無しの無差別投下となりますので、御了承下さい(笑)
いけるか !? 目標50作品 !!

NO.51
サイレントヒル
20170218215504cff.jpg公開 2006年
監督 クリストフ・ガンズ
時間 126分

日本で発売された同名ゲームの実写版として映画化された作品です。「サイレントヒル...」と謎の言葉を発して失踪してしまった最愛の娘を探すため、ウェストバージニア州の街“サイレントヒル”を訪れた母親。彼女は、忌まわしい過去がある呪われたこの街で、想像を絶する恐怖に襲われることになります。
私はゲームはしたことがありませんが、ハッキリ言ってゲームはしたくありません(笑)どこまでゲームに忠実かわかりませんが、あんな異形のモノ達が徘徊するようなフィールドを逃げ回るゲームは勘弁です...あの警報が鳴った瞬間から始まるダークな世界は、なかなか不気味でデンジャラス!続編となる「サイレントヒル-リベレーション」もどうぞ。

NO.52
SUPER 8
20170218215546caf.jpg公開 2011年
監督 J・J エイブラムス
時間 111分

8ミリカメラで映画撮影をしていた子ども達。その近くで貨物列車の衝突事故が発生。その貨物列車はエリア51からある場所へ研究素材の移送中だった。子ども達のカメラには事故の一部始終が記録されていたが、それはアメリカ政府が極秘としている「あるモノ」が写り込んでいた...という物語です。
SF作品であることは間違いありませんが、14歳の一人の少年が体験する友情や初恋、冒険、そんなすべてが詰まった作品で、人との繋がりを強く感じます。そして何より、あの「E・T」を彷彿とさせます。単なるSF映画ではなく、子供の夢が描かれているような、心温まるアドベンチャー作品です!

NO.53
いのちの食べかた
201702182155187f7.jpg公開 2005年
監督 ニコラウス・ゲイハルター
時間 92分

毎日のように食べている肉や野菜が食卓に並ぶまでの過程を追うドキュメンタリー作品。現代社会の食を支える大規模な機械化によって生産・管理される食料生産現場の実態に迫ります。淡々と映し出される食肉処理の映像に、ただ唖然です。私達が食べている食材はいかにして食卓へとやってくるのだろう?そんな疑問をベルトコンベヤーで運ばれるヒヨコ、解体される牛の映像など、過激な描写で叩きつけられます。しかし、目を背けてはいけません、忘れてはいけません。私達は他の生命、この地球に生かされているという事実を...

NO.54
ソウ
20170218215636129.jpg公開 2004年
監督 ジェームズ・ワン
時間 103分

老朽化したバスルームで目覚めた2人の男。足には鎖、2人の間には自殺死体、部屋にはいくつかアイテムがあり、その中から2人は自分達が置かれている状況を把握しようとするが...
まったく先読みできない展開に私はハラハラドキドキが止まりませんでした。シリーズは全て観ましたが、やはりこの第一作目のインパクトは絶大です。「うわ...やられた!」そんな気持ちになること間違いなしですね。低予算映画ではありますが、それを物の見事に撥ね退ける、エンターテイメントサスペンス。やはり莫大な予算を使えば良いというわけではありません!シリーズ毎にイタイタしい描写が連発しますが、毎回、お腹がキリキリします(笑)

NO.55
猟奇的な彼女
20170218215646d58.jpg公開 2001年
監督 クァク・ジェヨン
時間 122分

性格の優しい大学生が夜の地下鉄ホームで泥酔状態の美しい“彼女”と出会います。放っておけず仕方なく介抱してホテルへ運びますが、警官がやっきてしまい一晩を過ごすハメに...ルックスとは裏腹にワイルド凶暴な“彼女”に振り回される、楽しい日々?が始まるという物語。
韓国の映画になりますが、実はこの作品、私の中ではかなり評価できる部類にいたりします(笑)猟奇的と銘打っていますが、正直そこまでではない。というより凶暴?王道のラブコメディなわけです。約2時間の作品ですので、中だるみもあるわけですが...全てに意味があったんだなぁと、最後になって繋がる感じがしてバッチリ!こんな可愛い女性になら、振り回されてもイイかな...そんなことを思ってしまうラストシーンも、これまた◎♪

初日はここまでです!
...あれ?いつものペースですね(笑)
明日も引き続き、映画三昧となります。
種まき、種まき♪♪♪

応援よろしくお願い致します
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画リストWeeK


私がブログでやってみたかったことの一つは
「観た映画をひたすら綴る」
というリスト化の強化版←自分なりに...

そんなわけで、私のブログでは「映画リスト」というタイトルで数回やってきています。次回は第10回目になるのですが、いよいよやってみようと思います。

明日から日曜日までの6日間で、視聴作品を並べ続ける毎日...

「映画リストWeeK」


ハッキリ言って、趣味の種をバラ撒き続けて開花を促す、花咲か爺さん的なプロジェクト週間になります(笑)

できれば目標は50作品...
仕事と子供達に邪魔されながらですが、目標は高く設定したいと思います。
そんなわけで只今、急ピッチで準備中!!
明日から始められるか、私!?

20170218100731176.jpg余談になりますが、私は映画館で本編前に流れる予告やCMが好きです。
この「NO MORE 映画泥棒」 はお気に入りです(笑)あの短いストーリーのなかに、個性あるキャラクターの登場、やってはいけないことを完結に且つ、罪の重さをユーモアたっぷりに伝えています。インパクトあるし傑作だと私は思っているわけですσ(^_^;)

明日より
「映画リストWeeK」始めます♪

応援よろしくお願いします🙇
関連記事

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

子供は見ている


我が家にてんとう虫が迷い込みました。
捕獲して観察です。
砂糖水を染み込ませたティッシュを与えます。


娘はジッと観察🔎
「後で、外に帰そうね」と約束。

真剣です(笑)






何かを思い出したかのように
今度はハンカチで...


何やら作り...



娘「これ、な〜んだ!」



わかった!!
観察した、てんとう虫だッ


...では、ないらしい。
皆さん、ご存知...



ヤマダ電機さんのマーク


だそうです(笑)

子供は
驚くほど、いろいろよく見てますねぇ...

ポチッとお願い致します

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。