FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントから感じたこと


皆さんが日々、書いているブログ。
毎日、読ませて頂いている中で、自分自身のこと、あるテーマを追求している内容、得意分野を突き詰めているもの...
それぞれに個性があって、笑ったり、関心、共感したりと様々。
私もブログというものを始めてから、他のブロガーさんの記事を拝見するようになって知識や考え方の幅が広がったように感じています。

本日は、コミュニケーションの一つである「コメント」というものから私が感じたことを書こうと思います。
わたしが拝見させて頂いているtakapon46さんの「40代からはじめるアニメオタクのすすめ」というブログがあります。
※勝手に紹介してしまい申し訳ございません

私の知らないアニメが一つ一つ丁寧に紹介されています。
コメントを出させて頂き、それに対して返信も頂きました。

takapon46さんは、私に対して2つのアニメを紹介して下さいました。

①シュタインズ・ゲート
20170323002453e27.jpg舞台は2010年夏の秋葉原。厨ニ病から抜け出せない大学生の岡部倫太郎は、「未来ガジェット研究所」を立ち上げ、用途不明の発明品を日々生み出していた。
ある日、偶然にも過去へとメールを送れる「タイムマシン」を作り出す。世紀の発明と興奮を抑えきれず、興味本位で過去への干渉を繰り返す。その結果、世界を巻き込む大きな悲劇が、岡部達に訪れることになる...
悲劇を回避するために、岡部の孤独な戦いが始まる。果たして彼は、運命を乗り越えることができるのか!?
※TVアニメ公式サイトより

②甘々と稲妻
20170323002508db6.jpg妻を亡くし、娘・つむぎの子育てに奮闘する犬塚。ある日、つむぎを連れてお花見に出かけ一人でお弁当を食べる女子高生・小鳥に出会う。小鳥は、すごくおいしいお弁当を一人で食べ終えたと言い、興味津々のつむぎ。犬塚は小鳥から、“ごはんやさん 恵”の名刺をもらう。
仕事を終えた犬塚が、お弁当を買って帰ると、作りたての料理が映し出されたテレビに、かじりついているつむぎの姿が…。
おいしいごはんを食べるため、恵へと急ぐ。
※公式サイト第一話より

どちらも、私にとって魅力的な作品です。
シュタインズ・ゲートはSFだの、ファンタジーだのが好きな私からしてみるとストーリーを読んだだけで、心躍る内容です。
甘々と稲妻に関しても、小さな娘がいる私としては大変興味が湧く作品です。
紹介して頂いたのに申し訳ないのですが、まだ視聴には至っておりません。
私が今回感じたことは、この「紹介」というものにあります。

私のブログを拝見して頂き、その文面、内容、雰囲気から「私に合うと感じる作品」を選定して紹介して頂いたこと。
私も映画が好きです。逆の立場で、その人に合った、その時の気分に合うようなオススメの映画を選定して紹介できるものでしょうか?
コレ、なかなか難しいような気がするのです。私の場合はアレもコレもとぐちゃぐちゃになって、自信を持って勧める一本を選べないような気がしたのです。
是非コレをと、進められる力と知識。カッコイイです。
この頂いたコメントから、今後、私自身が「オススメ」できる作品を選定できるような力を付けていきたいなぁ...と思いました。そのためには、もっともっと作品を観なければなりませんが(笑)

さて、せっかく紹介して頂いた作品です。
必ず時間をつくって観たいと思います。
その前に、祖父の葬儀と私の謎のウィルスによる高熱が重なり現在、床の中(笑)
久しぶりに仕事休んでます...
色々、重なりますね...トホホ(;´д`)

ポチっとお願い致します😷
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

お知らせ

祖父の他界により
今日、明日とブログの更新と訪問ができない状態となります。

更新、訪問の再開は30日からとなります。
宜しくお願い致しますm(__)m
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

嫁のケイカイ

201702141454092af.jpg

「...重大事件です。」

先日の話しになります。
帰宅した私に嫁が語り出します...
どうやら日常では、あまりお世話になりたくない人の突然訪問があったようです。

その人物とは...


20170214145443db6.jpg

「警察キタ...」


なんだとッ‼️

警察だぁ⁉️


一体、我が家にナニ用?
ソコにいるだけで圧倒的存在感...

その警察様が
個人宅にキタ...
これはタダゴトではない!


「なんでキタの?」

質問に嫁が答え始めます...


20170214145443db6.jpg


「モニターに映っていた人、確かに警察の制服を着てた...」


「...ほう。」


「...一応、物騒な世の中だから。本当に警察かどうか判断できないし...」


「...で?」


「とりあえず、なんか分厚いファイルみたいなの持ってるし...」

20170322230201e5b.jpg


「...なるほど。」


201702141454092af.jpg

「...扉、開けた。」


開けたんかいッ‼️
分厚いファイルが決めてですか⁉️

もう少し何かあるでしょーよ
なんか、こう...決定打的なものがさ。



「まぁ、いいや。...で?」


201702141454325dc.jpg

「話し始めた警察と名乗る人物は、どうやら近くの駐在員で、一年に一回、エリアの家族調査をしている模様。最近は家も増えてきて、なかなか全件に顔を出すのが難しくなって、本日ようやく我が家の番となったようだ。」

なんでいきなり物語風に語り出したのかは不明だが、その警察官が我が家にキタ理由は、そういうことらしい。

そして嫁の警戒は続く...



20170214145443db6.jpg

「なんだか、いつの間にか家族構成を聞かれて...連絡先も教えて...

個人情報だし...

とりあえず、本当に警察かどうか確かめるために警察手帳見せてって...」



「ソレ、言ったの⁉️」

201702141455225f1.jpg

「...言ってない。」


なんだ...ビックリした...



「家族構成を話してたら、その警察の人と家の息子が同級生みたいで...
今、歩くか歩かないかの似たような感じらしくて...世間話しもした。」


だんだん警戒心が無くなってきてる...
世間話し、恐るべし。



「結局、10分ぐらいで帰ったけど...」


「そっか...特に近くで事件とかあったわけじゃないのか。」


2017021414550018b.jpg

「...そうなんだけど。」


「ナニ?気になることでもあるの?」



少々の沈黙の後...


20170214145510362.jpg

「何も悪いことしてなよね?」


俺かいッ∑(゚Д゚)‼️


ポチっとお願い致します👮
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

娘のNEWマシーン

2017031113371214d.jpg

横浜の、じいじ、ばぁばからの誕生日プレゼント。
来月の4月1日で、娘も5歳です。

そんなわけで、ちょっと早いですが買って頂きました!

娘のNEWマシーン

Version UP

パーツ変更が可能で、男の子仕様のもチェンジできるスグレモノ。
息子のことも考えてます(笑)

20170311133730883.jpg
群馬の名物「からっ風」を受けて発進

サンダーバード
201703081445208fb.jpg公開 2004年
監督 ジョナサン・フレイクス
時間 95分

実写版サンダーバードのようなウキウキですね!
自分の2号機に娘も御満悦でした(笑)
下り坂では、少々ビビリながらの走行でしたがね♪補助輪を外しての練習が待っています。頑張れ、娘

ポチっとお願い致します
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

こんなリスがいたら...

20170304193322f99.png
スゴイです。

かっこよすぎですよね、このリス
なんだか地面を叩き割りそうな力強さが伝わってきます(笑)

しかも、イケメン
↑そんな風に見える

20170304195357dd3.jpgガーディアンズ オブ ギャラクシー
公開 2014年
監督 ジェームズ・ガン
時間 121分

なんだか、この映画が連想されますよ。
犯罪歴のあるメンバーによって構成された、異色のヒーロー集団。そんなキャラクター達の活躍を描くSFアクション映画です。無限の力を持つパワーストーンを盗んだ主人公が、刑務所で出会った凶悪犯らと共に宇宙滅亡を阻止するための戦いに挑んでいくわけですが...

このリスも、そんな印象です。

20170304195411714.png
こんな感じに超クール...

あ...
こっちはリスじゃなくてアライグマだった(笑)

ポチっとお願い致します🐿


関連記事

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

あの映画続編、進行中


20170311143807949.jpg2015年に公開され、話題作となった恐竜映画
「ジュラシック・ワールド」
その続編の最新ビジュアルが公開となりました。タイトル、ストーリーはベールに包まれていますが、オーウェン役のクリス・プラットとクレア役のブライス・ダラス・ハワードの続投は決定しているようです。さらには、このジュラシック・ワールドは三部作のシリーズ構成になっているようで、続編はその第二幕となります。
続編は「動物虐待」を取り上げるようで、複雑な題材となりそうです。そして、もっとサスペンスに満ち溢れ、恐ろしくなるとのコメントもあったようです。
今までの感じを180度、変えてくる作風になるような予感がしますね。

201703111437546c3.jpg
公開された最新ビジュアルですが、博物館の化石の中で佇む一人の女性。何を意味しているのかはわかりませんが、なんとも想像がつかないビジュアルです。この女性が一体、物語にどのように関係してくるのか、すごく楽しみです♪

公開は1993年の第一作目「ジュラシック・パーク」から25周年の節目になる2018年6月22日に全米公開の予定となっているようです。来年のことではありますが、私...非常にワクワクです

ポチっとお願い致します🐉
関連記事

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

連休中に見た未来

20170321231151ac9.jpg
「まいったぜ...」


201703212312151c1.jpg
「どうすんだよコレ?」


20170321231202f9f.jpg
「頼むよ、じいちゃん!」


20170321231138214.jpg
「仕方ないよ、好きだったから...」


201703212312151c1.jpg
「まさかの遺産が...
大量のプラモだったとは...」

2017032015262590b.jpg

20170321231202f9f.jpg
「どうする?」


20170321231151ac9.jpg
「売るしかないだろ。」


20170321231202f9f.jpg
「このガラクタをか?」


20170321231151ac9.jpg
「もしかしたら高額で捌けるものがあるかもしれないからな...」


201703212312151c1.jpg
「手間のかかることを...」


20170321231138214.jpg
「おじいちゃん、ゴメンね...売っちゃうけど。」



...


ハッ!

娘が花粉症になりました。
親の体質を受け継いだ結果でしょうか...

寝苦しいのか、1時間おきぐらいに目を覚まし、私も都度、起こされます。

そんな朦朧とした中で見た

孫達が繰り広げる未来

...だと思う

オチは特にないのですけど。

起きた後、ちょっと苦笑い。

今年100歳になる私の祖父が、そろそろ亡くなりそうだと連休中に孫として顔を見せに行きました。
老衰状態に近い祖父を見て、私の意識の中にナニかが起こったのでしょうか?
私の孫達が変な話しをしていました...

夢の中で

なかなかハッキリした夢だったのでワンピースのキャラを使って、
日記替わりに残しておこう。

まぁ...
いくら好きとはいえ、プラモ遺産だけはジョークでもしたくないですけど(笑)

ポチっとお願い致します🌃
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

映画リスト17


本日で3連休も最終日。
あっという間でしたねぇ...明日から、また仕事です

そんな連休最終日に映画リストです。
そろそろリストが100に接近しつつあります自己満足の記事ですが、今回も5作品を紹介します
それでは、いってみましょう。

NO.86
リアル・スティール
201703112020422d7.jpg公開 2011年
監督 ショーン・レヴィ
時間 128分

ボクシングをする競技者が人間からロボットに移行し、リングにすべてを懸けた父と息子の物語です。父と息子の親子の愛、絆をロボットボクシングを通して表現します。スクラップ場から拾ってきた旧式ロボット「アトム」ですが、ボクシングをするには小型であるがゆえ不向きなのですが、このロボットには隠れた機能がありました。それは...ネタばれはしませんが、最期にして最強ロボットとの試合は手に汗握りますよ。観ているだけで声出しちゃう程、白熱の展開が繰り広げられます。息子がいれば是非、一緒に観たい作品ですね。ん~...実は細かいことを気にするとツッコミ所が多々あるのですが、そういうのは無しにして観たほうがいいかもしれません。熱くなれる映画ではありますから。

NO.87
少年時代
20170311202058e9f.jpg公開 1990年
監督 篠田正浩
時間 117分

疎開してきた東京の少年と、地元の少年との友情、葛藤を描いた作品です。時代背景は日本が戦争をしていた昭和19年。主人公の少年は優等生タイプで、余所者扱いをうけてしまいますが、ガキ大将の武と少しづつ打ち解けていきます。私も父が転勤族であったため似たような経験がありました。そのせいもあって、この映画の主人公に共感できる部分が多々あります。私が言うのも変ですが、子供の細かい心の動きを丁寧に表現しているように思います。あの頃を思い浮かべ、この映画とシンクロできれば、最期に涙溢れる最高のシーンが待っています。井上陽水さんの曲「少年時代」のイントロが流れ、美しい描写に胸打たれることでしょう。夏に観ましょう、夏に!

NO.88
いまを生きる
2017031120211677c.jpg公開 1989年
監督 ピーター・ウィアー
時間 128分

全寮制の名門進学校にやって来た新任の英語教師。彼の破天荒な授業を通して、心惹かれていく生徒達。そんな中、生徒達は彼がかつて学生だった頃に作っていた「死せる詩人の会」という同好会を自分たちの手で復活させるべく行動します。様々なことに悩む学生時代...私も恩師といえる先生に出会いましたが、学生さんに是非、観ていただきたいなと思う作品です。内容も良いのですが、この映画の魅力は「詩」と「映像美」です。文学に疎い私ですが、この映画を観たことで「詩」に興味を持つという現象が発生(笑)。そして、季節を美しく表現した映像の数々。この映画は一言で「美」という言葉がしっくりくるように感じられます。私の心に直撃した名言「言葉はなぜ発達した?伝えるため?違う...女を口説くためさ。」
ダメですか(笑)?

NO.89
ドラゴンハート
201703112022038a6.jpg公開 1996年
監督 ロブ・コーエン
時間 103分

ドラゴン狩りをする騎士と、人語を解するドラゴンがコンビを組んで悪政に立ち向かうSFファンタジー。凶暴な竜というイメージであるドラゴンを紳士的かつユニークに表現しているのが魅力的な作品です。鼻を穴を片方塞いで、もう一方から火炎を出すシーンは印象的(笑)かといって、子供向けというわけではなく、リアル過ぎない内容に好感が持てます。やはり人間的に描かれているドラゴンがアクセントになっていて、人間の罪深さや、道徳的な部分を上手く中和しているように感じます。心優しいドラゴンであるが故に、悲劇な運命も待ち受けることになります。複雑な物語展開ではなく非常にわかりやすいうえに、アクションも雑ではなく、しっかりハマリ退屈しない映画です。

NO.90
ザ・ギフト
20170311202148801.jpg公開 2015年
監督 ジョエル・エドガートン
時間 108分

幸せに暮らす夫婦が、ある男から執拗にプレゼントを贈り続けられる恐怖を描くサイコスリラーです。身近な存在が突如、恐怖の対象に変わるという映画。似たようなものはありますが、この映画の面白いところは、観ているうちに恐怖の存在として意識していた人物が、その対象から外れてしまうこと(笑)悪い意味で言っているのではく物語の構成上、そうなるように作られているところにあります。夫婦に贈られるギフトが少しづつ気味の悪い物へと変化していく中、最期に贈られるギフトとは一体、何なのか...というドキドキしながら楽しめる作品です。人が死んだりするような描写はなく、不安や恐怖といった精神的に痛い部類の連続です。結末は...いやぁ、キツイ(笑)でも、自業自得?かな。面白いです!

さて、今回はここまで。
嫁、娘が映画館でプリキュアを堪能してきたので、私は満たされない気持ちを記事にしながら、満足しようと試みます(笑)
やっぱ、映画館で観たいよぉ~~

ポチっとお願い致します📽
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

お留守番




本日、嫁と娘はお出掛けしました。

今日から公開される
プリキュアの劇場最新作を観に映画館へ...


いいなぁ〜(笑)


映画館で観るのは、家とは違う空気感があって楽しいですからね♪
残念ながら私と息子は...お留守番。

親子鑑賞券の前売りチケットも、段取り良く購入していて準備OK🙆
私も何か劇場で観たいよぉぉ〜

息子よ...
おまえが劇場に足を運べる歳になったら行こうな

ちなみに、パパの趣味に付き合わせてDNAをしっかり継承させるから(笑)

20170315072520dbb.jpg



友人からの御言葉...
「早い段階で、おまえの引き継ぎをさせるべし」
と。


フッフッフッ(笑)


ポチっとお願い致します
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

あの30秒で感じたこと


20170315222448b83.jpg

やはり、書いておこうと思います。
自分の心の中だけに閉まっておこうと思いましたが、せっかくブログを日記の一部として使っているのだから。

今年の3月11日、午後14時46分。
皆様は何処におられたでしょうか...

私は相変わらず「TUTAYA」さんにいました。
娘と一緒に。

娘が大好きなプリキュアのDVDを物色している中、私は時間を気にしていました。
東日本大震災の発生時刻...
この14時46分という時間に手を合わせるためです。
長い時間しようとは考えていません。
亡くなった命の御冥福と自分の幸せに感謝する一瞬を作ろうと思ったからです。

発生時刻の15分前ぐらいでしょうか...
店内からアナウンスが流れました。

発生時刻に30秒間の黙祷を実施するとの内容。
皆様、御協力の程、宜しくお願い申し上げます...と。

これは、良い機会です。
DVD探しに夢中になる娘に、これから始まることの内容を説明しました。
わかっています...
きっと、深い意味はわからないでしょう。
わからなくていいのです。
店内が静かになる...
私と一緒に手を合わせてくれればいい...

実施時刻。

店内放送は消え、静かになる店内...


では、ありませんでした。

先程までウロウロしていたカップル、小学生ぐらいの子を連れた母親、学生達...
彼らの声が先程までと変わらぬトーンで聞こえてきます。


何故ですか?

私は目を閉じた暗闇の中から聞こえる「変わらぬ会話」に疑問を持ちました。
そして何故、自分が黙祷しているのか不思議にすら感じられました。

私はできた人間ではありませんが、少なくとも親として、娘に「この時間」の大切さを教えたつもりです。
私が目を開けた時も、娘は手を合わせて目を閉じていました。

急いでいたかもしれません...
店内放送が聞こえなかったかもしれない...
どうしても会話をしなければならない状況だった...

しかし、この時間を作ることもできかったのでしょうか。
少なくとも見える範囲の人達は大人ばかりでした。
私が強要できる立場でないのはわかっています。
しかし、たった30秒...

できませんかね...黙祷。

複数でいれば、どちらか、誰かが「この時間」について切り出してもいいのではないか。
子連れの親なら、しゃべっていないで、これから始まる事の説明もできないのでしょうか...

何もわからない子供ではありませんよね?
おかしいですよね?
勉強ができるできないとか、そんなこと以前の問題のような気がします。

人として何も感じませんか?

むしろ、おかしいのは私でしょうか?


手を合わせ続ける娘を見ながら、やり場のない気持ちと葛藤した30秒。

「もういいよ。」
と声をかけ、娘は目を開けました。

娘は
「しっかり、のんのんできたよ!」
と笑っていました。

何も変化がなかった周囲...
私達だけが、なぜか取り残された妙な感覚...

娘とDVDを持ってレジへ並ぶ。
店内を見渡し、以外と人が多いことを実感しました。

あの30秒...
もしもの話しだが、黙祷していたのは私達親子だけだった...

そうでないことを信じたい。

読んで頂きありがとうございますm(__)m
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。