FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一の挑戦 -The REMAKE- 第二章



私と友人達
4人の富士山頂を目指す挑戦が幕を開ける...
友人Rの誕生日を、日本一高い場所で祝うことはできるのかッ⁉️
第二章のスタートです♪♪


【アンタらはこの道で】
富士山には4つのルートが存在する。
それぞれ特徴があり、難易度も変わってくるわけだが

私達は「吉田ルート」での登山となった。
狙って、この道を選択したわけではなく、
何も考えずに勢いで向かい到着したのが、このルートだった

...という無計画さ。

しかし、偶然に登山道として選択した吉田ルートは...
「初心者向け」という、私達にとっては都合のよいものだった。

特徴としては
・富士スバルラインがあるためアクセスが便利で五合目まで行きやすい
・山小屋が多い
・登山道が歩きやすい

などのメリットがある。
若いとは言え、一睡もしないで登山初心者が富士を攻めるという、無謀で軽率な行動に神様がくれた最後の優しさだった


【最初の誤算】
登山開始...
私達のテンションは早くもピーク。
冒険心に火がつき

ネバーエンディング・ストーリー
20170429145653cd0.jpg公開 1984年
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
時間 95分


ワクワク、ドキドキ
冒険と共に、映画の名曲がバックミュージックで流れてきそうな勢いだ。
例え天候が悪くても苦にならない未知への興奮...
霧の中を仲間と進んでいった。

しかし、間もなく全員が「ある異変」に気づく...
もっと賑わっているという勝手なイメージでいたわけだが、私達が登山をした「10月」

これに...

トラップ
20170419134625e67.jpg公開 2014年
監督 ヤニック・セレ
時間 78分

があったのだ。
何も勉強せず、勢いだけで踏み込んでしまったことで地雷が爆発することになる。
そもそも、登山シーズンなるものがある...
10月というと賑わいのピークは終わりを迎え始めている頃なのだ。
本来であれば山小屋があり、食事できたり、休憩したり、宿泊したりと利用できる施設がある。
しかし10月にはシーズンオフを迎え、それに比例して、休憩所や宿泊場所として提供される山小屋は全て


となっていた...

少なくとも、私達の場合だが。
食糧の補充は、そういう場所で...
と考え、ある程度準備してきたが十分すぎるとは言えない量だ。
早くも私達に、嫌な予感が走り出す...


【襲いくる熱波】
登山開始時点で雨だった天候。

開始直後は不安要素だった雨だが、登山を開始して間もなく...
六合目後半あたりから晴天に回復。


↑イメージ画像だが、まさにコレ...

ボルケーノ
20170419134638196.jpg公開 1997
監督 ミック・ジャクソン
時間 106分

富士に挑む私達を、祝福しているかのような猛烈な天候回復
いや...
回復どころのレベルでない...
地中からの熱攻撃ではなく、私達の場合は空から。
上空の雲が一切なく、頭上から太陽の容赦ない灼熱の熱波が降り注ぐ。

熱い...

登れば登るほど、太陽に近づく感覚と熱量からくる「灼熱地獄」。
確実に妄想ではあるが、自分達の周辺は気温が50度も60度もあるかのように感じてしまう...
さっきまでの雨が恋しくなる程、太陽からの祝福を受けるという、まさかの展開に転がったのだ。


【大失敗装備】
登山をする私達の格好は、明らかに周りから浮いていた。
4人とも
・所属するテニスサークルで作ったウィンドブレーカー
・ジーパン
・テニスシューズかスニーカー

という、富士山からすれば

と、一括されても不思議ではない風貌だった。

登山開始のときは雨...
だから防寒対策として、少しモコモコした格好でも良かったのだが、天候が回復して真夏のような状況になるとウィンドブレーカーなどという防具は...

足枷にしかならない。

さらに、大切な食糧。
自分達が用意した量は、明らかに失敗...
軽い遠足でも想像していたのだろうか

コンビニおにぎり2、3個にポテチやら
カロリーメイトやら
伊○園おーいお茶など。

THE 初心者食糧

気を使って食べているつもりだが
猛スピードで少ない食糧が減っていく。
あっという間に...



ステーキ・レボリューション
20170419134657d3a.jpg公開 2014年
監督 フランク・リビエール
時間 114分

食糧...
これは非常に重要なのだ。

「肉が喰いたい...」
そんな邪念など捨てて、歩かなければならない。

食べたいのに食べれない...
これは、想像を絶する苦痛だと再認識させられた。
余談だが、ポテチなど袋物に入った食糧は登るにつれて、袋が膨張してパンパンに膨れる
私達の場合、それらが多かったためリュックの中が大変なことになった...


【体感せよホンモノ】
勢いだけの富士登山。
勉強不足により招いた大変さはあるにせよ、学んだこともある。
それは...

聞いただけでは実感できないリアル。


雲の上には雲がある。

酸素が薄くなれば呼吸が荒れる。

食べなければ動けない。

気圧変化でポテチ膨張...


実際に経験することで得られる
実感...
これは、とても良い経験だった...


【勘違い】
勢いだけの私達。
失敗と経験を繰り返しながら登山を続け、ようやく
山頂らしき場所に到達。

そこには鳥居があって、メッセージが書かれた看板...

書かれていた文は
「おめでとう!
富士は日本一の山」

だったと記憶している。

この看板を見た素人...
確実に頂上に着いたと思わせる内容。

...ここなのか?
絶対そうだ!この看板が何よりの証拠。
俺達はやったんだ‼️
富士のてっぺんまで登りつめたぞ‼️




と、誰もが勝利を信じて疑わなかった。
記念写真を撮り、歓喜に溢れる私達の姿は、周りからどう思われていたのか...

見兼ねたのか親切な方が、私達に投下した言葉は
その短文一撃で、正気にもどす効果があった...

「何やってんだ?
ここは頂上じゃないからなぁ。

先に行くぞ〜」









有頂天のあまり、気がつかなかった...
頂上にしては、あまりに殺風景。

...火口がない。
頂上ならば、あるはずだ‼️

たが、ない...

親切なその方が、指さす方向に足を運んでみる...
そこにあったのは、これでもかと雲まで続きそうな急勾配の道

プレデター2
2017041913471158a.jpg公開 1990年
監督 スティーヴン・ホプキンス
時間 108分

こんなヤツがいたなんて...
信じられない。

映画のラスト間際
終わったかのような展開から、

「うわッ...ヤバッ...」


というような絶体絶命のピンチが私達を襲う。

「勝ち目なんてあるのか...?」
目の前に最大の試練
その姿を現した...


-続-

ポチっとお願い致します🌟
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

日本一の挑戦 -The REMAKE- 第一章


さて、本日から本編開始です。
私と友人が挑戦した「富士登頂の記録」過去記事のREMAKEです。

映画の小ネタを再導入して、紹介も同時にするという企画です(笑)
それでは、日本一を目指して冒険を開始した真実の記録をお楽しみ下さい


【始まりは常に突然に】
大学2年生だった2001年の9月。
若さ故に刺激を求めていた若者達...

友人Rの誕生日を
「日本一高い場所で祝うのはどうか?」
という、今となっては誰の発言だったか思い出せないポッと出の会話から、全ては始まった...

次第に冗談からマジ話しに発展する様子に
一緒にいたR本人は

「マジで?」

と、ナゼ祝われる側の自分が、わざわざ労力を費やしてまで登山しなければならないのかと、まったくもって意味がわからず、困惑を隠しきれない様子だった。

あーだ、こーだと賛成派、反対派が五分五分な感じだったが、自分を含めた賛成派の

という熱いプレゼンで、反対派を強制的に納得させる形で決着。

Rの誕生日の10月6日
「富士の山頂を目指す」
というイベントが半ば強制的に採用となった...


【登山前夜の怪】
一人暮らしをしていた私のアパートに、授業終わり、バイト帰りの同志が集まり始め、最後にRが車で到着。

「主役の俺が何故、配車?」という愚痴など、これから始まる未知のイベントによるハイテンションに掻き消され、誰一人として誕生日を祝うという、本来の目的を忘れかけていた。

食料、簡易ラジオ、音楽テープ、酸素の缶など、それぞれ思う物を準備。
前々から、集まってアレコレ持参する物の話し合いをしたわけではないが、私は個々の「性格と性質」というものを、ある程度、理解していたので、客観的に見渡しながら

と、心境はニヤニヤだった。

ただ、想定外だった事態が発生
午前3時頃に出発する予定で早めに床に着いた...
まではよかったのだが

未知との遭遇
2017042320330879b.jpg公開 1977年
監督 スティーヴン・スピルバーグ
時間 135分

私達の心は、まだ踏み込んだことのない領域に魅了され、これから待っている「未知との遭遇」に数名が謎の興奮状態に陥り、寝付くことができなくなるという最悪の事態が発生。

「あ~...う~...」
「ウフフフッ」
という謎の呻き声に

と、しっかり寝たい派が、最大のとばっちりを受け
あげく、誰一人として一睡もできないまま、予定の時間を迎える
“オール”と呼ばれる状態で出発。

これも若さ故に成せる技であった...


【五合目付近の番人】
五合目までは車で行く予定で、軽快に目的地を目指していた。
しかし、目前で私達の進行は妨げられた...
20170422232612368.jpg

ロボコップ
20170422232601377.jpg公開 2014年
監督 ジョゼ・パヂーリャ
時間 117分


警察の登場...
これは相手が悪い。
私達の冒険にフィナーレの足音が迫る...



車を停められ
近づいてきての職務質問開始。

只ならぬオーラを放ち、私達に質問の猛襲...

「何処に行く?」
「何しに行く?」
「何だ、その荷物?」

私達は...

アナと雪の女王
2017041913472697e.jpg公開 2013年
監督 クリス・バック
ジェニファー・リー

あの歌のように


〜ありのまま〜
を話しました...


結局のところ、警察が一番言いたかったことは
「富士を登るのはやめたほうがいい」ということ。
季節は10月...
それに、この時点で霧雨が降っていて、登山初心者が富士山頂を目指すようなコンディションとは言えない状況だからという理由で引き返しを迫られたのだった。

しかし、一度決めたイベント。
私達に延期、中止という選択など選べるわけがない。
そんな完成されてしまったテンションの私達を止めることは誰にもできず、

みたいなパッションを警察に見せつける...

「とにかく気をつけろ。」
どのように思ったか、今では知る術はないが、

と、通過を許された私達は、再び目的地に向かって走り出したのだった。


【始まりと後の恩人】
無事、出発地点の五合目に到着。
しかし、天候は霧雨から雨に変わり、天候回復とは程遠いものに変わる。
それでも登るという意志は揺らぐことはなかった...

この時は、何がなんでも誕生日イベントを完遂するという気持ちだけ。
友人Mにいたっては

と、富士から言われているような気がしていた...
とのこと。
(後日談)

周りから見ると明らかに
「登山初心者」
と、一目わかる格好オーラを纏い、日本一の頂上を目指して、私達の挑戦は幕を開けようとしていた。

楽しそうに記念写真を撮る私達に
「これから登るんか〜?」

海賊じいちゃんの贈りもの
20170419134611fd2.jpg公開 2014年
監督 アンディ・ハミルトン
ガイ・ジェンキン

と、一人のご年配の方が、私達に話しかけてくる。

「今回、初挑戦です‼️」と意気込む私達に
「無理せず頑張れや〜」と、ゆるい言葉を残して去っていく...
海賊でもなんでもない普通の、おじいちゃん。
まさか後に、この人物から頂く「ある物」が私達を救うことになるとは、この時は誰一人として知るよしもなかった。

若者達は、いよいよ富士登頂の第一歩を踏み出す...
想像もしない困難が待ち受けるとも知らずに。

-続-

更新の励みになるポチッとをお願いします
関連記事

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

-The REMAKE-

2017042223254796e.jpgブログ開設以来、私が視聴した映画の紹介をリスト化したり、小ネタにして出したりと続けてきましたが、違う方法で消化できないかなぁと考えていました。
そんな中でふと考えたこと。
昔の映画を最新技術や新しい解釈で提供する「リメイク作品」というもの。
これに目をつけた私...
読んで頂きながら、映画の紹介も小ネタとして平行できると、決行することにしました。
過去記事に視聴映画を小ネタとして盛り込こんで再度、楽しんで頂くREMAKE企画

ということで、本日は前置きの序章。
3日間を使って私と友人達の挑戦記録復活編をお贈りします。

今でもツルむ大学時代からの戦友達
私を含め、5人のレンジャーは...

・高校時代ミスターコンテスト優勝者 R
・気まぐれ旅人
・メタボからの生還 K
・自称伝説の教師
・走れる文化系

この記録は Uさんは参加していません。
まだ仲間入りしてなかったもので(笑)
彼を除く、私達4人が大学時代にしたイベントの一つが...

エベレスト 3D
2017041913450690e.jpg公開 2015年
監督 バルタザール・コルマウクル
時間 121分

山に挑戦するという企画。
友人Rの誕生日を山のてっぺんで祝う...
なぜか祝われる側の人間まで肉体的に疲労しなければならないという、本人からすれば非常に大迷惑極まりない「お祝いの会」をサブテーマに世界最高峰の山脈であるエベレスト...

ではなく



日本一の山である富士の山頂を目指した記録
(笑)

しかし、これは

な若者達が日本一の山に、勢いだけで挑んだ
「真実の物語」

ただし...
当時の写真をスキャンして掲載する機能がないので...

文章

漫画の台詞付きのコマ

イメージ画像

視聴映画の紹介

を盛り込みながら
“限りなく100%に近い形”

で、REMAKEさせて頂きます

この記録が共感を呼ぶのか、誰かの役に立つのかは不明ですが、お付き合い頂いて、少しでも楽しんで頂ければ幸いと思っております。
映画紹介も消化できるので、私としては楽しんで更新するつもりですが...
ネタ切れとか手抜きではありませんよ(笑)


ゴールデンウィークの絡みで、更新が一日おきになります。
第一章は4月28日(金)よりスタートです‼️



更新意欲アップのポチをお願いします🗻
関連記事

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

わかりやすく例えると...

201704222223051fe.jpg
最近のことですが、嫁さんの父上がDVDに落としてくれた映像を観ました。
それは、嫁さんの高校生時代の記録映像
私、嫁も元陸上競技者であり
アスリートの端くれ

嫁は短距離走者
私は長距離走者

映像は嫁さんの陸上競技大会で走る姿を映したものです。
今となっては「昔は陸上選手だった」
などと口が裂けても言えません...
恥ずかしくなるほど面影がありませんが、お互いガチで取り組んでいたのです。

競技を知るもの同士、映像を観ながらアーダ、コーダと盛り上がり、過去の栄光?に浸るのでした。

私も中学、高校と6年間ひたすら走り続け、その記録は「練習日誌」として一日も欠かすことなく書かれています。
見返すと「よく、こんなに走ってたな」と感心する程、その日その日が書かれてあります。

日付はもちろん、練習内容、身体の調子、朝夜の食事メニュー、睡眠時間に反省と課題...
練習内容に関しては、走った距離まで書かれてあります。

土日はもちろん、大晦日に元旦まで練習している...
昔の自分に「ダラけてませんかね?」と言われているような錯覚に陥ります(笑)

過去に陸上部として頑張っていたと周囲に話す機会もありました。
その時に

実際、どれぐらい走ったの?

と言われたことがあります。
就職活動でも聞かれたことがありました。

どれぐらい?

これはランナーからすると非常に例え易いものです。
走った距離こそ、それに比例します。

私が6年間で走り込んだ合計距離...

約43,000km

地球の直線距離一周が約40,000kmらしいので、私は走りました...

20170422222248617.jpg

地球一周と、ちょっと。




とりあえず
もし、独りでこの距離を走り続けたとしたら...

長距離ランナーの孤独
20170422222233255.png監督 トニー・リチャードソン
製作年度 1962年
時間 104分

嫁さんも陸上競技者ゆえに、短距離、長距離の違いはあるにせよ、練習内容や記録を話せばピンとくる辺りは、話しやすい限りです。共通の強みというやつでしょうか...
専門用語が飛び交う茶の間。
自分達の「過去の栄光」に酔いしれながら二人の陸上話しに華が咲きます...

その面影はありません(笑)
今夏は、私と嫁さんが熱くなる「世界陸上」です。

ポチっとお願い致します🏃
関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

久しぶりにB級を語る

201704131138060e6.jpg先週月曜日から三日間、テレビ東京さんの「午後のロードショー」にて放送された巨大生物三連戦
初日の「シャークネード サメ台風」が未視聴であったためラッキーでした。
録画しておいて週末に観たわけですが...
いやー、これぞまさにB級と拍手したくなる程の完成度(笑)
いやいや、こうでなければいけません。巨大竜巻によって巻き上げられたサメ達と自然災害のダブル脅威にさらされながらも、それに立ち向かう人間達。

これだけでも十分にふざけっぷりを感じられるわけですが、内容は拍車をかけて、ぶっ飛んでました。
当たり前ですが、粗削りなCGに加え、ツッコミどころしかない行動、台詞の数々...

もちろん、お約束?ですが巨大竜巻が発生した原因に触れることなく唐突に展開し、その竜巻がナゼか他の魚類には目もくれず、サメだけを舞いあげるというハイテクピッキング機能を備えているかのような、ある意味、機械より精度の高い技術を見せつけてくれました。
そして、巻き上げられたサメ達すべてが人喰いザメという凶暴設定。

20170420153956719.jpg巻き上げられてラリってしまったのか、人間を襲うことだけに異常執着するサメさん達。おまけに空中から追尾魚雷のごとくピンポイントで人間をロックオン。あのグルグルと回る竜巻の中にいながら、正確に人間がいる場所へ飛んでくる離れ業をやってのけます。

ラストにはサメの死骸が散乱しすぎている、やりすぎ描写。食される人間の心配より「サメの絶滅」が気になって仕方ありません。

書けばきりがないことばかりですが、限られた尺の中に必要性を疑う台詞達、そんな中で語られるヒロインの「サメ嫌いの理由」...ビックリ深くない(笑)
そんな前振りあった?と全編に渡ってニヤニヤが止まりませんでした。

20170420154010bfa.jpg一つ最大に褒めたいB級魂を感じた部分と言えば、これだけの大規模災害にも関わらず、騒いでいるのはニュース番組だけで、国が何一つ動いている様子がないあたり、最高にGOODでした
こうでなければいけません。

さて、このシリーズは4まであるようですので、片足をツッコんだ私は最期まで見届ける義務?があります。
あとはレンタルで消化していくこととします。じっくり...

2日目、3日目の作品も久々に観ると、なかなか楽しい作品でした。
20170413113820271.jpg特に2日目の「ザ・グリード」ですが、なかなかレンタルされていない作品なので、地上波放送は遠距離恋愛のように、待ちに待った再会という感じです。しっかりDVDに落としておかなければなりません(笑)


B級作品は、良作に当たったときの快感が得られる...いや、むしろそれが醍醐味として数十年、観続けている「もう後には引けない、引かない」という強い精神で堪能しています。
期待を裏切られても、裏切られても、何か大事なものが砕けそうになっても続けていくことでしょう。

それでいいのですが。

久しぶりにB級作品の記事を書きましたが...


なんだろう...
一方的に言いたいことを言った後のようなスッキリ感...
そして
貴重な休日の夜に選ぶ、大事な一作にコレらをチョイスしてしまったという、なんとも言えない脱力


あぁ〜...

なんだか...もう

たまんねぇ〜ッス(笑)

更新の励みになるポチを
お願い致します🌪
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

第1回🏆YURUパパ☆MOVIE AWARD


先日の告知から何を選んで、再度紹介しようか悩んできましまが...

いよいよ決定です‼️
ノミネート作品は、私が視聴して紹介済みの映画165本🤗
まぁ、少ないですけど...
現時点での賞、また私の独断と偏見が入った受賞式ですので、御理解下さい。
それでは全7カテゴリーでお贈りします‼️

第1回
YURUパパMOVIE AWARD🗽
開催で〜〜す‼️

SF部門🚀
【最恐に後味悪すぎで賞】
ミスト


数あるSF作品から、今回は「ミスト」を選びました。ジャンルはSFホラー。窮地に立たされた人間の狂気に満ちた行動、心理表現が見応えあり、何より救いようのないラスト...神もヘッタクレもありません‼️
コレほどの後味悪さを味わえる映画は、なかなか無いですよ(笑)

動物部門🐶
【こんなペット最高で賞】
ベートーベン


私のブログに動物を飼われている方も訪問して下さっています。ですので、この部門を設けました。ベートーベンという名前を付けらたセントバーナードが家族と繰り広げるコメディ作品です。とても暖かい物語で、ファミリーで観ると最高‼️家族想いすぎるワンちゃんに拍手♪

恋愛部門💖
【夫婦で観てはダメで賞】
ブルーバレンタイン


TSUTAYAさんで展開中「NOTジャケ借」にて出会った作品です。この部門はハッピーな物語を選ぶべきかな?と思いましたが、せっかく自分が記事にして借りてきた作品ですので...受賞(笑)すごいですね、ここまで誰の立場に立っても幸せを感じられない物語...観る場合は覚悟必須‼️

実話部門🎞
【食べるを考えてみま賞】
いのちの食べかた


食材が私達の所に来るまでを追ったドキュメンタリー作品。実話を基にした映画は紹介してきましたが、この映画は私のブログを見て下さった方が、自分のブログで取り上げて下さいました。私の種まきが花咲いた良い作品だと思います。よって、自信を持って受賞とします‼️

運動部門⛹️
【アホすぎて爆笑で賞】
少林サッカー


もの凄い勢いでバカバカしい‼️サッカーを本気でやっている人が観たら、絶対に怒られるでしょー...しかしながら、そのアホっぷりを本気路線で貫く姿勢に、もはや感服するしかありません(笑)ただ、何故か熱くなれる不思議さが魅力。ジュース飲むときは注意。急に笑いが来ます‼️

実写部門📖
【コレは斬新で賞】
バクマン。


週間少年ジャンプにて連載されていた同名漫画の実写化作品。実写作品の中で悩んだ末に選びました。斬新な表現や漫画連載の裏側、苦労がわかるなど漫画が好き嫌いに関わらず引き込まれる作品です‼️

最悪部門😓
【私でも作れそうで賞】
恐怖!キノコ男


ゴールデンラズベリー賞とも言うべき部門です。レンタル店で見かけたときに、じーっと眺め、30分ほど悩んだ挙句に借りてしまった作品。とりあえず、恐怖!キノコ男ということで、そのタイトルからすでに恐怖を感じないという残念さが魅力であり、強烈な眠気と闘うほうが、よほど恐怖。そして、その驚愕の最低クオリティに度肝を抜かれること間違いなし。人間の死体が「学芸会レベルの人形」を使用しているあたりで、飲んでいたコーラを吹き出す始末。予算さえ頂ければ、私にでも製作できそうな...
とにかく映画には個々の色があります。良くも悪くも、あまり否定はしたくない私ですが、この作品に関しては一言...たった一言だけ言わせてください。

...間違いなくサイテーです

【閉会の言葉】
ということで、全7部門の受賞作品の紹介でした。
あくまで、私が視聴して紹介が完了した165作品の中からという限定された範囲、且つ、私の独断と偏見によって開催させて頂いた受賞式であります。
いかがでしたでしょうか(笑)?
もし興味が湧いた作品があれば、週末に「娯楽の一本」として候補にしてみてはどうでしょう?

きっと私のことを
「この人、ヤバイ人だ」
と、思って頂けることでしょう
第二回もお楽しみに(笑)

更新の励みにポチっとお願い致します🏆
関連記事

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

嫁のインペイ

20170418140357b06.png

「...し、知らないよ...」


「いや、そんなハズはない‼️
これは、さすがにヘンだろッッ‼️」

推理するまでもなく、犯人は嫁です。


この日、帰宅した私の目に飛び込んできたのは明らかに「人為的要素」が加えられた驚くべき光景...
自分のお気に入りであれば、その微妙な変化を見逃しません。

20170419221541ccc.jpg
大切なフィギュア...
私のプレデター...

バッチリ決まっていたポージング...



それが、この日...
プレデターは
「阿波踊り」をしていました。

20170406162226736.jpg

「な、ナニが...ヘン?」


「ヘン過ぎるよね‼️
なんで腕とか脚があり得ない方向にヨイヨイしてるのさ‼️」


「最初から、そうだったよ。」

ほほう...なるほど(笑)
そこまでシラを切るつもりとは...
どうしても「自分がやりました」と認めないつもりだな。


このフィギュアは精密だ...
プレデターの特徴でもあるドレットヘアーはゴム製で一本一本動くし、手の指にしたって、五指が全て独立稼働し微妙な手の動きまで作れる代物...
一体25,000円はダテじゃない。
それが3体いて、劇中のカッコイイシーンをDVD観ながら一時停止までして、手塩にかけて精密にポージングした傑作。

それが朝まで普通だったのに、帰宅したらポージングが変わるなんてさ...



なかんべーーーッッ‼️‼️
(群馬弁)

2017040616200241d.png

「...チッ‼️」

その舌打ちは白状したと捉えていいわけですね?


「まったく...」


「掃除機してたら棚にあたって...
落下した。」

そう、それでいい。
正直に話せば、私だって怒るつもりはないのだ。
誰にだってミスはある...
誠意を見せることが大切なんだ。


「ポージングし直すか...」

愛しのプレデターを一刻も早く正しい姿に戻してやらねばならない。
そう思い、フィギュアを手にとった


刹那...




201704181404113e2.jpg

「ダーーメーーッッ‼️」


という絶叫。


「えっ⁉️」

同時にナニかがポロリ...
落下。


⁉️
201704181404236d1.jpg


私には一瞬で理解できた絶望...

何度も言いますが、このフィギュア...
とても精巧、精密。
可動式ゆえにジョイントで結合されている
201704192215587cc.jpg

“はずの”キャノン砲。



地面に落下する要素は
「折れていない限り」あり得ません...

201704061622453e7.jpg

「サワルナ...キ・ケ・ン...」



折れてました。

てか、早く言えよ‼️
そして、なぜロボット口調真顔?

とにかく...
肩に丁寧に「乗っけて」ありました。
私が触れば一撃でバレる隠蔽工作...

完全に接続部分からポッキリしていたために
修復不能。

無理とわかっていても直そうとする私の姿を彼女には、どう見えたのか...

20170406161700cc2.png

「やっぱりバレたか。
伊達に毎日、見てないね...」

嫁の粗末な隠蔽工作によって、惨めになったプレデター...
今...直してやるからな...
折れている部分以外は.°(ಗдಗ。)°.


201704061622453e7.jpg

「だけど...
よくもまぁ、そんなに見る所があるね。

一体どこ見てるの?

もしかして...」




20170406162302d90.jpg

「関節?」

おいおい...

ポチッとお願い致します😭
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

賞を決めてみよう🏆


私がブログを始めてから、リストアップしてきた作品、記事の小ネタにした作品、個々にピックアップしたもの...
現在165作品となりました。

私の映画リストがNO.100を迎えたら、一度やろうと思っていたことは、紹介した作品の中から賞を選んでみよう‼️
...という試み(笑)

ということで...

やります‼️

20170408213308137.jpg

第1回🏆
🎉YURUパパ☆MOVIE AWARD🎉


なんのこっちゃい(笑)

まぁ...
とりあえず、少ない作品の中からではありますが
※紹介作品の現時点で
※賞名をつけて
※独断と偏見で

選考したいと思います‼️


今回のエントリー部門は...

🚀SF部門
🐶動物部門
💖恋愛部門
🎞実話部門
⛹️運動部門
📖実写部門
😓最悪部門

以上7部門で贈りたいと思います‼️
賞名は、発表のときに記載させて頂きたいと思います♪

現在、全力で厳選選考中(笑)
発表は今週末4月21日(金)を予定しております♪
自己満足な祭典ですが、過去紹介作品も巻き込んで種まきしたいと思います🌸


更新の励みになるポチをお願いします🏆
関連記事

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

映画リスト19


さて、19回目となります映画リスト
今回でリストが100番に到達となります♪♪♪
ナンバーが入っていない作品も多々ありますが、とりあえずリストシリーズの節目です。
それでは始めまーす

NO.96
頭文字D -THE MOVIE-
20170405181627a42.jpg公開 2005年
監督 アンドリュー・ラウ
アラン・マック

時間 109分

人気漫画の実写版となる作品です。峠のカーバトルに青春をかけた物語。漫画の主たる聖地は群馬県。私も昔からの読者で、最終回には涙したものです(笑)しかしながら残念なことに、この実写映画は期待を裏切る別モノでした〜。そもそもキャラクター設定が間違いだらけで、ファンだった私からすると残念。観たかったのは「カーチェイス」ではなく、技術をぶつけ合う「カーバトル」なんです。あくまで私の意見ではありますが、韓国が製作する必要はなかったように感じますね。なんだか違う作品に独自進化してしまった作品ではないでしょうか...あまり否定的なことは言いたくありませんがねぇ。

NO.97
ブレイド
20170405181645e82.jpg公開 1998年
監督 スティーヴン・ノリントン
時間 121分

ヴァンパイアと人間の混血として生まれた戦士の闘いを描くアクション映画です。主人公ブレイドの母親はヴァンパイアによって命を奪われます。ヴァンパイアハンターとして彼は闘うわけですが、同じ宿命を持つ主人公が自分の正義を貫き、敵を倒していくアクションは非常に痛感です!戦闘戦士として活躍を描くドラキュラ映画は珍しいのではないでしょうか。主人公がどこか鈴木雅之に似ていて、ちょっと笑えるのも勝手ながら魅力だと思っています(笑)
武器が日本刀のような刀という部分も、親近感が湧きましたね。シリーズは3までありますが、どれも楽しい作品です。

NO.98
コンタクト
20170405181702c86.jpg公開 1997年
監督 ロバート・ゼメキス
時間 150分

地球外知的生命体と人類の接触を描いた作品。地球外知的生命体の存在を研究している天文学者が、ある夜、未知の電波をキャッチすることから物語が展開します。宇宙というものに興味がある方なら文句無しに惹き込まれると思います。科学と宗教という難しいテーマの中に、家族の繋がり、諦めない大切さというシンプルだけれど、人間として疎かにしてはいけないようなメッセージがあり、ヒューマンドラマとしての見応えもバッチリです。そしてラストのドンデン返し...さらに「地球人だけじゃ、スペース(宇宙)がもったいない」というセリフは今でも名言!

NO.99
ゴーン・ガール
20170405181721690.jpg公開 2014年
監督 デヴィッド・フィンチャー
時間 149分

結婚5周年を迎えた、誰もが羨む夫婦。しかし、その記念日に妻のエイミーが謎の失踪を遂げる。妻を捜す男が徐々に警察やメディアに追い込まれ、妻殺害の疑いをかけられていきます。そんな激しいスリラーなわけですが...そこまでする?というのが正直な感想(笑)とにかく、この映画の凄いところは物語が2転3転する展開。普通ならばクライマックスと感じる運びも、そこからの...というように飽きない作りです!なんだか物事の本質というか、見ただけではわからない人間の黒い部分というか、そんなのを楽しめる作品です。いや、しかし...この奥様、良いキャラしてますよ(笑)

NO.100
ギャラクシー・クエスト
20170405181747b2e.jpg公開 1999年
監督 ディーン・パリソット
時間 102分

「スター・トレック」のパロディを満載に詰め込んだコメディ作品。放送打切りになったSF番組ギャラクシークエスト。20年たった今でも熱狂的なファン達によるイベントが開かれていた。そこに謎の男達が現れ
「自分達の星を侵略者から守ってほしい」と言われ...そんなフィクションの世界から本当のヒーローになってしまうという、おもしろ展開(笑)ヘンテコすぎる設定にニヤニヤが止まりません。なんだか理解できる言動や行動、登場人物に感情移入しやすいシンプル設定。これは良質のエンターテイメント作品!まさか、あのシガーニーが出演されているとは驚き。期待されると想像を超える力を発揮する...人ってそんなものかもしれません♪


お陰さまで無事にナンバー100までの紹介が完了しました
NO.100の作品はポテチ919さんのブログ毎日楽しく過ごす!で紹介して頂いた作品です。
こうして皆様の御協力によって、私のリストは成長を続けていきます♪♪♪
これからも名作を求めていきます。

さて、100番目に達したので私が紹介した過去作品の中から、私なりの選考基準で、ちょっとした企画をしてみようと考えています。
どうなることやら(笑)

更新の励みになるポチをお願い致します📽
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

4月15日と我家の桜


4月1日の誕生日🌸
4月15日息子の誕生日🌸

ということで15日の土曜日は
「赤城南面千本桜」に花見に行ってきた我が家。
 「さくら名所100選の地」にも選ばれていまして、毎年、多くの観光客が訪れる群馬県前橋市を代表する桜の名所です。

20170416113448000.jpg

少々、曇りでイマイチな天気...
ですが、やはり混んでいます。
毎年のことですが、この桜渋滞はつきものです。

ですが、これを越えれば...
20170416113528ad9.jpg

壮大な桜のトンネルが御出迎えです。
満開のタイミングが今年は絶妙で、私の休日にバッチリ当たってくれました。
ラッキー✌️

心配だった天候も到着して、1時間もすると

201704161137070da.jpg

20170416113724ba1.jpg

すっかり晴れ渡り、素晴らしい景色が堪能できました(*^_^*)

20170416113740db9.jpg

シートを敷いて、しばし桜と
ひゅるり~ら...の花びら達に、心奪われ物語の主人公気分?を満喫しました(笑)

これで今年の桜もほぼ、終わりを迎えます。

しかし、我家には2つの桜が通年、咲いています。
20170416113802a8d.jpg
表札に刻印された2つの桜。
私がオーダーしたものですが、しっかりした理由があります。
嫁さんに話した、私の想い...

私と嫁だけが知る「隠れテーマ」。
さすがの嫁さんも「意義無し」で一発承諾。

私、意外とロマンチストです(笑)
皆さんも今年の桜を堪能できましたでしょうか?

更新の励みになります。
ポチっとお願い致します🌸🌸
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。