FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ図鑑 NO.5

20170522123507f62.jpg

<名前または名称>
ビオランテ

<出現場所(製作国)>
日本

<特徴>
ゴジラ細胞を巡って起きたテロ事件で、娘の英理加を亡くした、生物学者の白神源壱郎。娘の細胞だけでも生かそうと考えた白神は、バラに娘の細胞を融合させようとするが、結果は失敗。その後瀕死状態になったバラを救うためにゴジラ細胞を融合させた結果、誕生したバイオ生物。

形態は2パターン
201705220625527ce.jpg
花獣形態
体長85メートル
体重6万トン
芦ノ湖に出現

20170522062609862.jpg
植獣形態
ゴジラの熱線を受け、そのエネルギーにより細胞の増殖が促進。
鋭い牙を持つワニのような頭を持つ。
体長120メートル
体重20万トン

<武器>
20170522062641871.jpg
 ・触手
 ・強酸性放射能樹液
 ・巨体での突進

備考:自分の体重の4倍近い相手が迫ってくる勢いに、さすがのゴジラも一瞬、怯んだ様子が伺える。

<登場作品>
ゴジラvsビオランテ
2017052206253988a.jpg 公開 1989年
 監督 大森一樹
 時間 104分
 
 キャスト
 三田村邦彦
 田中好子 
 高嶋政伸
 高橋幸治 他
 


ゆるパパコメント🤔
人間の欲望、身勝手さにより生まれた悲劇の怪獣。この映画でも触れているが、本当の怪獣はそれらを創り出す「人間」とは、正にその通り。
この作品はファンによる一般公募によってシナリオが採用になった。
平成VSシリーズでは、ゆるパパNO.1の作品‼️

※2017年5月31日 現在

よろしければポチりと...👽
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

藤原竜也さん...またしてもクズ

2017052210401663a.jpg俳優の藤原竜也さん、伊藤英明さんがW主演する映画
『22年目の告白
―私が殺人犯です―』

6月10日より公開です。

殺人犯を演じた藤原さんが、ある事件の真相を語る記者会見のシーン。
緊迫感あふれる場面に加え、このシーン以外にも撮影中に一切NGを出さず熱演したとのこと。


20170522104127712.jpg
入江悠監督がメガホンをとった今作は、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人・曾根崎(藤原)が、殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンスとなっています。
曾根崎を追う刑事を伊藤さんが演じるほか、夏帆さん、野村周平さん、石橋杏奈さん、竜星涼さん、早乙女太一さんらが出演します。
豪華ですね!

「1995年。記念すべき5つの連続殺人事件を終えたばかりの私は苛立っていた。無能で愚鈍な警察は、私の元へ一向に辿りつく気配がない。幼稚な推理と見当違いな憶測を垂れ流すマスコミも事件の真相を伝えることはない」
と、自分を捕まえられなかった警察やマスコミを挑発するシーンが動画でアップされています。
美しき殺人犯の登場に日本中から一気に世間の注目を集めるが、曾根崎の目的とは一体ナニか⁉️

20170522104139ab1.png
記者会見のシーンは、曾根崎が初めて公の場に登場する重要な場面は、入江監督は藤原本人がリアルな殺人犯かつ、リアルな記者会見に見えるよう、カメラ位置や照明など徹底的にこだわり撮影が進められたそうです。
そんな緊迫感漂う現場でも藤原さん、NGを一度も出さないとは...
役はクズでも、役者としてのプロ意識は一級です。
役者魂を感じずにはいられませんね...カッコイイ‼️
藤原さんが挑む新たな“クズ”曾根崎とは、どんなキャラクターなのでしょうか?
ナニやら真の目的を隠し持ったミステリアスな感じと、映画内容にまた一つ、楽しみが増えました。

ポチりと応援お願いします📽
関連記事

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

ランドセル vs ワイルド

20170528072009277.jpg

5月27日(土曜日)
来年、小学校入学を控えた娘必要となるランドセルの展示会に参加してきた我が家。

この時期からやるんですね(笑)

そんなわけで会場の「高崎イオンモール」に。

201705280726294b2.jpg 20170528072511ed5.jpg 201705280721014ac.jpg

さすがに展示会。
様々なメーカー、種類が御出迎えです。

この中から相棒を一つだけ選ぶのは至難です
私は助言そこそこに、見て回ります...
201705280721427c8.jpg 20170528072714e0c.jpg
聞いたことのあるモノから、限定商品、軽量、大容量、デザイン、色など...
ランドセルも変わりましたね。
私の時代はでしたから(笑)

20170528072816fd3.jpg
イタリア産だって...そんなの必要か?

20170528072802d4f.jpg
そして、ビックリ価格
誰が使うのか...
どこかの皇族?

20170528072258eac.jpg 20170528072438d6b.jpg
早期予約で、割引や特典があるようですね。

ということで我が家も、決めちゃいました。
20170528072552556.jpg 201705280729184f4.jpg
イオンさんのランドセルです。
奇抜過ぎないピンク色に金属部分がピンクゴールドという上品な感じ...
ほぼ、赤ですね。
用途に応じて、収納容量を変化させられるというもの。

支払いは、じいちゃん、ばあちゃんに頼る予定ですが
立て替えます(笑)

現在の予約で到着は11月頃とのこと。
さ、来年から頑張って登校してください

同時に1階でトヨタの車が展示されていました。
私はこちらに夢中...
201705280729341c5.jpg

ワイルド・スピード
2017052807342607b.jpg公開 2001年
監督 ロブ・コーエン
時間 106分

「ワイルド・スピード!」
と一人でテンションをブチアゲル私...
やはり男です。
ランドセルの時とはボルテージが明らかに違うのは明白。

「それぐらい真剣にランドセルも選んでくれ」
と嫁からの指摘...
いや、真剣だったよ!
ただ...ゴメンナサイm(__)m

ポチりと応援お願い致します🎒
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

キャラ図鑑 NO.4

20170516112550992.jpg

<名前または名称>
異星人(侵略者)
備考:火星人という説もある

<出現場所(製作国)>
アメリカ
備考:世界各国に出現したようだが、日本の大阪に出現したという話しがある。

<特徴>
人間が文明を持つより遥か昔、宇宙から地球を観察して侵略準備を進めていた、高度な技術を持った生命体。侵略準備段階で地球の地中深くに自分達の兵器を隠し、それを使って人類を殺戮していった。侵略目的は不明だが、人間を排除する行動、捕らえて血液または体液を吸収し、地上に撒き散らすことで謎の植物が成長している様子がある。おそらく、自分達の生活に適した環境へ改善しようしたと考えられる。何にせよ種の根絶は前提としてあるようだ。

<兵器>
トライポッド
20170516112608744.jpg 20170516112630990.jpg 20170516112643666.jpg

侵略者達の乗物。
地球の地中に埋めてあり、彼らは雷のように移動できるシステムか能力で、空から搭乗できる。
三足の足を軟体動物のように動かして移動する。

高さ:約30メートル
武器:怪光線
装備:監視モニター/バリアシールド/捕獲檻
体液吸収装置 など

<登場作品>
宇宙戦争
20170516112702aff.jpg 公開 2005年
 監督 スティーヴン・スピルバーグ
 時間 114分

 キャスト
 トム・クルーズ
 ダコタ・ファニング
 ティム・ロビンス 他


<関連作品>
宇宙戦争(1953年)
201705161127175ec.jpg 公開 1953年
 監督 バイロン・ハスキン
 時間 85分

 2005年版は、このリメイク。
 特撮を使った手法。
 私は好きですが...
たまに「つり糸」が(笑)
 

ゆるパパコメント🤔
高度な技術をお持ちですね。
やり方もエゲツナイっす。
ただね...地球なめちゃダメ。
勉強不足はいけません‼️

※2017年5月26日 現在

よろしければポチりと...👽
関連記事

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

ゴジラ アニメーション

2017051516050105e.jpg怪獣映画「ゴジラ」の初の劇場版アニメが公開されます。
タイトルは
「GODZILLA -怪獣惑星-」
11月に公開されることが発表され、特撮としてのゴジラではなく、新しいスタイルでスクリーンに登場します。

私は上手く説明できませんが「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」などの虚淵玄さんがストーリー原案と脚本を担当するとのこと。アニメで、ゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となった2万年後の地球が舞台。人類が地球を取り戻そうとする物語となるようです。

2万年もの間、地球に君臨し続けてきたゴジラと人類の因縁...
巨大生物・怪獣をも駆逐する究極の存在、ゴジラが出現し、人類は半世紀にわたる怪獣との戦争の末に地球脱出を計画。
2048年、人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年のかなたにあるくじら座タウ星eを目指して旅立ちます。

20年かけてたどり着いたタウ星eは、人類が生存可能な環境と呼べるものではなく、移民船に乗っていた青年・ハルオは、船内の生存環境が劣悪となる中、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指します。
帰還した地球は、2万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた...

と、今までのゴジラからは想像もできない
超×100ぐらいSF要素の強い物語
となりそうです。
実写でやっても十分に面白そうな内容ですが、アニメーションでしか表現できないような手法で「新しいゴジラ」が拝めそうな予感がします。
自分の好きなキャラクターを違う形で表現するようなスタイルは、嫌いではありません。
違う魅力を引き出してもらえそうで、心踊りますね♪

「君の名は」が異例のヒットを記録したように、今やアニメは日本が世界に誇れる文化として定着してますから、この勢いでゴジラ旋風でも巻き起こして頂きたいと思います!

さっさと息子を連れ出して観に行きたいと考えていますが...
まだ無理か(笑)
そんなわけで娘を手懐けた方が早いと考えたので
「ゴジラ観に行く?」と誘ったら...

「怖いからヤダ!」
とキッパリ断られました.°(ಗдಗ。)°.
まだ、時間はある...
私のプレゼン力で何とかしたいものです。

ポチと応援よろしくお願いします👾
関連記事

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

ペヤングのB級?

先日のこと。

嫁さんが
「パパが好きそうなモノ」

と、いうことで見つけた商品が我が家にありました。

ペヤングふりかけ
201705132134288fe.jpg

恥ずかしながらテンションが上がってしまいました(笑)

さっそく
ご飯にフリフリ...
20170513213603b08.jpg

味は...
ペヤング風。
まぁ、ふりかけですから...

食レポのセンスはありません。

税抜き100円だそうです。
店頭で見かけた際には...

そうですね...



ジッと眺めて見て下さい。
20170513213447b48.jpg
そして、よろしければ、試してみてください

ポチッと応援よろしくお願い致します
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

キャラ図鑑 NO.3

2017051514182126d.jpg

<名前または名称>
桐山和雄
備考: 俳優/安藤政信

<出現場所(製作国)>
日本

<特徴>
大人を頼れない子供達の暴走を抑制するために国が可決した法律「BR法」によって、プログラムを面白がり、殺し合いゲームに自ら志願してきた生徒。
無口で言葉を発することがあまりない。性格は非常に冷酷・残酷であり殺人を淡々とこなす。
BR法によって島に連れ込まれた城岩中学校3年B組の生徒を次々に殺害していった。最初に支給された武器はハリセンだったが、他の生徒を殺害する度に武器、防具を強化して、性格に比例するように手に負えない存在になっていった。

<武器>
201705151418050a2.jpg ・ハリセン
 ・日本刀
 ・手榴弾
 ・マシンガン など

<登場作品>
バトル・ロワイアル
201705161146530e5.jpg 公開 2000年
 監督 深作欣ニ
 時間 114分
 
 キャスト
 藤原竜也
 前田亜季
 山本太郎
 栗山千秋 他



<シリーズ作品>
バトル・ロワイアルⅡ-鎮魂歌-
201705161147068e1.jpg 公開 2003年
 監督 深作欣二
深作健太

 時間 133分

 キャスト
 藤原竜也
 前田亜季
 前田愛 他
※2017年5月23日 現在

ゆるパパコメント🤔
人を殺めることを躊躇しない鬼畜の所業。しかしながら、偽善の皮を被って内心は恐ろしい悪魔というよりは、もしかしたら遥かにクリーンな存在なのかも...
でも、やっぱ...アンタの行い間違ってますからッ‼️

よろしければポチりと...👽
関連記事

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

ゲーム制作の話し

201705151415236fe.jpg

本日は少々、長くなる話しです。
皆様は、何かを作ったり、考えたことを形にすることは好きでしょうか?
私は、そういったことが大好きな人間です。
プラモデル、粘土、手芸、園芸、イラスト、映像...
なんでもいいと思います。
元々あるものを説明書に沿って完成させたり、頭の中で描いたことを形にしたりして作品を創る。

私なりの例えで言わせて頂くと
“無”から“有”を生み出す

大袈裟に、そんな感じです。

何かしらを「形にする・残す」というのは、私にとって非常に興味、関心を惹きつけることの一つであることは間違いありません。
もちろん、その過程や裏話を読んだり、聞いたりするのも大好きです。

映画の制作舞台裏や、キャラクターの設定本など...
DVD特典なんかについているメイキングなんて最高に心躍ります。

これから書くことがキッカケとなり、私は何かを形にすることが、それまで以上に楽しくなり、同時に興味を抱くようになりました。


以前にも記事を書かせて頂きましたが、私は今までにオリジナルゲームを4作品制作しています。

ゲーム制作といっても、プログラミングとか難しいことをしたわけではなく、市販のソフトを使用しての疑似的にシナリオライター、製作者サイドの気持ちを体験したというのが、正しい例えです。

「RPGツクール」という、用意された素材を使用してマッピングしたり、キャラクター設定したり、シナリオを考えてシステムを組んだりできるソフトがあるので、それを使って制作したゲームです。

このソフトの存在を知ったのは大学時代です。友人Mから教えてもらい、興味を持ったことが始まりでした。

↓こちらは過去記事です
友人M ~妄想族がくれたモノ 前篇~
友人M ~妄想族がくれたモノ 中編~
友人M ~妄想族がくれたモノ 後編~

「俺には無理だ...だが、おまえならヤレると思う!」
ソフトを購入したが、M宅に眠ったままになっていたものを借りて、私が引き継いだ感じでした。

何かをツクることが好きだった私はシナリオを考えて、さっそく制作に入りました...
シナリオを考えているあたりは、既に脚本家気分です(笑)

まぁ...
あまり真面目なストーリーを考える気はなかったので、友人達を主人公として、大学内で発生した事件に巻き込まれた私を救出するというシンプルな内容で第1作がスタート。好評だったために、スーパーファミコンからプレステにハードを移し、続編を制作。そして、大学卒業目前に学生時代完結作としての三作品目を完成させました。

201705151415380bf.jpg制作ツール「RPGツクール5」が発売となった2002年の夏からゲーム作りが開始となり、完成したのは2004年1月
3月の卒業間近ギリギリでのお披露目となりました。
制作期間としては約1年5ヶ月で、制作時間は、ハッキリ把握していませんが1000時間は越えていると思います。

この制作ソフトは、自発的に行動しない限り、ゲーム開始と同時に選択コマンド画面から作業用BGMが流れるだけ...
という究極の「投げっぱなし」状態で、ただひたすら何も変わらない画面だけが映っているだけです。

最初からラスボスです。
自分で考え、行動しない限り、ここから進むことは絶対にありません。

つまり
「自由に表現してオリジナルゲームをツクれますよ」

この魅力は、裏にすると
「全て自分で考えて、勝手にどうぞ」

と、なるわけです。

元々のストーリーがあったり、やり込み要素があるといったものではありません。
故に、自分のオリジナルを描き、行動することが絶対条件。
作品をツクり、提供する側に立つという制作ツールです。

もちろん...全て。

シナリオを考えたとしても、形になるまでには異常な努力が必要です。

制作するという楽しさが見出せないと、なんの魅力も感じないままサヨナラ

忍耐力...
これが全てです。

この三作目は「卒業」をテーマにしていて、基本はドラクエのようなRPG。
主人公は、やはり私と友人達というスタイル。
学園内で新たに起こる事件にピリオドを打つために立ち上がります。
ストーリーは至ってシンプルですが、学生時代最後の作品ということもあり、私の映画大好き色知識を詰め込んだものでした。
201705151415504cc.jpg
↑こんな感じに仕上がります

結末は、自分の大学に実在する「映画制作を勉強する授業」を受ける生徒達による実技演習だった...というオチ。
主役に選ばれた私達が、実は一本の映画を完成させるために奮闘していたという内容。
伏線が散りばめられていて、構内の貼紙に「映画撮影実施中」とか「エキストラ募集」という内容が書かれていたり、出会うサークルの仲間から「NGだすなよ」「どこでカメラ回ってんの?」など謎のセリフがあったりします。
ゲームオーバーになると、「NG!はいカット!」というような文章が出てくるという設定も...

エンディングに関しては2パターン用意されている「オマケ要素」も盛り込まれていました。
フィクションの世界を私達が演じているという、クリアすると判明する結末なのですが、本編に唯一「本物の怪物」が、異世界から来ていて、撮影に紛れ混んでいるという設定がありました。
通常、敵キャラの名前がしっかりあるのですが、進むルートによって出現する「その1匹」だけは名前が「?」になっているというプレイヤーからすれば、意味がわからないものでした。
もし、負けるとゲームオーバーというセリフと共に絶望的な音楽が鳴るという、今までにないエンドが見れるようになっていました。

もちろん、その1匹を倒すか倒さないかでエンディングが変わります。

倒さなければ、映画が完成するだけのノーマルエンディング。

倒すと、オチの後に私達に目をつけた異世界の悪魔が姿を現し、これから始まる真の戦いを予感させる、この後は視聴者におまかせします的な結末で終わるベストエンディングになります。

卒業をテーマにしていると書きましたが、この「真の戦い」という部分が、卒業しても終わりではなく、これから新たな始まりであり、私達もまたまだ友人やりましょうや...
というメッセージになっているという結末でした。

このゲームはプレステ2のソフトだったのですが、友人Mが本体を貸してくれて、ソフトも仲間が割勘でプレゼントしてくれたという経緯があります。
完成しなかったでは済まない変なプレッシャーの中で制作していたのはイイ思い出です(笑)

完成後にプレイして楽しんでくれた仲間から「よくやった!」と激励を受け、感動屋のMから「おまえにこそ、この本体は相応しい!」と、借りていたプレステ2の本体を貰うというサプライズがありました。
201705151416020bb.jpg

しかし...
ゲーム制作で酷使されたハードは、その後すぐに不調となり、正常稼動がままならず

20170515141613783.png
燃え尽きたジョーのように
静かに、置かれた状態になりました。


就職のため地元、群馬に戻った私の部屋には起動しないプレステ2が神棚に祀られ、その後、二度と電源が入ることはありませんでした...

しかし私のゲーム制作の熱は、心の中で絶えることはなく、新ストーリーの構想を練り出していくのでした。
そして、私達の出会いから10年という節目の年に、大袈裟に構想4年、事実制作期間2年という「第4作目」がお披露目となるわけですが...
卒業したばかりの私達が、この大作に出会うのは実に6年後でありました。

長くなりました。
この4作品目の話しは、また今度...
年に数回しか会えない友人達が恋しくなったときにでも。

ふと夕焼けが綺麗な空を見ながら...
湧き上がるメランコリックな気分(最近、覚えました)に浸り、ふと書こうと思った私でありました。

ポチッと応援よろしくお願いします🌇
関連記事

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

公開映画紹介

近日公開の映画を3作品紹介します♪♪♪
私はこのスタイルで映画館に行きたい衝動を抑制しています(笑)

謎めいた美女の遺体が誘い込む
迷宮ミステリー

ジェーン・ドウの解剖
20170513213359afe.jpgノルウェーの鬼才、アンドレ・ウーヴレダル監督作品。
ジェーン・ドウとは「身元不明の女性遺体」のことです。
殺人事件が起こった家の地下室でみつかった身元不明の遺体。検視を担当することになったベテラン検視官の親子が、解剖を進めるうちに、奇妙な点が次々に浮上してきます。さらには解剖室で怪奇現象が多発してくるという内容。
この死体役を演じたのはモデルで女優のオルウェン・キャサリン・ケリーという女性です。全編に渡り、裸で死んだフリという過酷な役で頑張っています。
明日、5月20日より公開です。


SM監督がホラー顔の女優を執拗に攻めまくる
ラプチャー 破裂
201705101544006f2.jpg監督はSM恋愛映画を手掛け、マニアックな世界を描くことに定評があるスティーブン・シャインバーグ。一番嫌いな物を与え続ける人体実験を描いたホラー作品です。平凡な日常を送る中、突如として拉致され、恐怖の研究施設に収容。クモ嫌いヒロインは薬物を注射され、執拗なクモ攻めに...
そして、体が内部から驚愕の変化を見せ始めるというショッキング展開だそうです。張り巡らされた伏線が結末へと直結し、ドンデン返しが待っているとのことですよ♪
6月3日(土)より全国順次公開です。


天使子役が久々の映画出演!
アイム・ノット・シリアルキラー
2017051015441418e.jpg9歳の時に鬼才スパイク・ジョーンズ監督の「かいじゅうたちのいるところ」で主役を演じたマックス・レコード。10年の時を経て、5年ぶりの映画出演です。監督はSFアクションを得意とするビリー・オブライエン。マックスの役どころは、死体や殺人に異常な関心を示す「葬儀屋の息子」。近所に住む愛妻家の老人がシリアルキラーと知り、殺人を阻止するべく奮闘するも、老人が抱える秘密によって意外な結末を迎えるとのこと。この結末を予想できる観客はいないと挑戦的です。シリアルキラーを怪演するのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクことクリストファー・ロイドです!
6月10日より全国順次公開です。


紹介した3作品は、どれも予想できない「ドンデン返し系」のラストが待ち受ける映画です。
まだまだ、魅力的な作品が公開予定です!
公開が近づいてきたら、またユルく紹介します♪
...こうでもしないと、映画館行きたい病の発作が起こってしまいますので(笑)
では

ポチっと応援よろしくお願い致します

関連記事

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

キャラ図鑑 NO.2

20170510115026b0a.jpg
<名前または名称>
化学合成生態系生物

<出現場所(制作国)>
韓国
備考:済州島沖にある石油採掘海域

<特徴>
小さな発光体生物から、徐々に変態を繰り返し成長する。初期の姿からは想像できない、悍ましい姿へ変貌していく。
20170509064723ff0.jpg 20170509064711eef.jpg
成長すると銃弾を弾くほど強固な皮膚が形成され、揮発性を有する可燃性の高い体液を持つようになる。
培養して液化することで、石油の代用になり得ると期待された生物。

<攻撃>
・棘のついた舌
備考:捕食にも使用される

・体液
30時間燃え続け、1200度に達する

<登場作品>
第7鉱区
20170509064659678.jpg 公開 2011年
 監督 キム・ジフン
 時間 101分

 キャスト
 ハ・ジウォン
 アン・ソンギ
 オ・ジホ
 他



よろしければポチりと...👽
関連記事

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。