スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画リスト10【Movie WeeK】

今週は映画リストWeeK
今日から日曜日まで視聴映画を紹介し続けます‼️
ジャンル統一性無しの無差別投下となりますので、御了承下さい(笑)
いけるか !? 目標50作品 !!

NO.51
サイレントヒル
20170218215504cff.jpg公開 2006年
監督 クリストフ・ガンズ
時間 126分

日本で発売された同名ゲームの実写版として映画化された作品です。「サイレントヒル...」と謎の言葉を発して失踪してしまった最愛の娘を探すため、ウェストバージニア州の街“サイレントヒル”を訪れた母親。彼女は、忌まわしい過去がある呪われたこの街で、想像を絶する恐怖に襲われることになります。
私はゲームはしたことがありませんが、ハッキリ言ってゲームはしたくありません(笑)どこまでゲームに忠実かわかりませんが、あんな異形のモノ達が徘徊するようなフィールドを逃げ回るゲームは勘弁です...あの警報が鳴った瞬間から始まるダークな世界は、なかなか不気味でデンジャラス!続編となる「サイレントヒル-リベレーション」もどうぞ。

NO.52
SUPER 8
20170218215546caf.jpg公開 2011年
監督 J・J エイブラムス
時間 111分

8ミリカメラで映画撮影をしていた子ども達。その近くで貨物列車の衝突事故が発生。その貨物列車はエリア51からある場所へ研究素材の移送中だった。子ども達のカメラには事故の一部始終が記録されていたが、それはアメリカ政府が極秘としている「あるモノ」が写り込んでいた...という物語です。
SF作品であることは間違いありませんが、14歳の一人の少年が体験する友情や初恋、冒険、そんなすべてが詰まった作品で、人との繋がりを強く感じます。そして何より、あの「E・T」を彷彿とさせます。単なるSF映画ではなく、子供の夢が描かれているような、心温まるアドベンチャー作品です!

NO.53
いのちの食べかた
201702182155187f7.jpg公開 2005年
監督 ニコラウス・ゲイハルター
時間 92分

毎日のように食べている肉や野菜が食卓に並ぶまでの過程を追うドキュメンタリー作品。現代社会の食を支える大規模な機械化によって生産・管理される食料生産現場の実態に迫ります。淡々と映し出される食肉処理の映像に、ただ唖然です。私達が食べている食材はいかにして食卓へとやってくるのだろう?そんな疑問をベルトコンベヤーで運ばれるヒヨコ、解体される牛の映像など、過激な描写で叩きつけられます。しかし、目を背けてはいけません、忘れてはいけません。私達は他の生命、この地球に生かされているという事実を...

NO.54
ソウ
20170218215636129.jpg公開 2004年
監督 ジェームズ・ワン
時間 103分

老朽化したバスルームで目覚めた2人の男。足には鎖、2人の間には自殺死体、部屋にはいくつかアイテムがあり、その中から2人は自分達が置かれている状況を把握しようとするが...
まったく先読みできない展開に私はハラハラドキドキが止まりませんでした。シリーズは全て観ましたが、やはりこの第一作目のインパクトは絶大です。「うわ...やられた!」そんな気持ちになること間違いなしですね。低予算映画ではありますが、それを物の見事に撥ね退ける、エンターテイメントサスペンス。やはり莫大な予算を使えば良いというわけではありません!シリーズ毎にイタイタしい描写が連発しますが、毎回、お腹がキリキリします(笑)

NO.55
猟奇的な彼女
20170218215646d58.jpg公開 2001年
監督 クァク・ジェヨン
時間 122分

性格の優しい大学生が夜の地下鉄ホームで泥酔状態の美しい“彼女”と出会います。放っておけず仕方なく介抱してホテルへ運びますが、警官がやっきてしまい一晩を過ごすハメに...ルックスとは裏腹にワイルド凶暴な“彼女”に振り回される、楽しい日々?が始まるという物語。
韓国の映画になりますが、実はこの作品、私の中ではかなり評価できる部類にいたりします(笑)猟奇的と銘打っていますが、正直そこまでではない。というより凶暴?王道のラブコメディなわけです。約2時間の作品ですので、中だるみもあるわけですが...全てに意味があったんだなぁと、最後になって繋がる感じがしてバッチリ!こんな可愛い女性になら、振り回されてもイイかな...そんなことを思ってしまうラストシーンも、これまた◎♪

初日はここまでです!
...あれ?いつものペースですね(笑)
明日も引き続き、映画三昧となります。
種まき、種まき♪♪♪

応援よろしくお願い致します
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

SAWはオチがモヤモヤしなくていいですよね。
伏線がしっかり回収される様が気持ち良いので好きです。
残酷装置は怖くてしょうがないですが( ̄ー ̄;

「いのちの食べかた」が気になったので探してみたいと思います。

No title

こんにちは〜
ソウと猟奇的な彼女を観ました!
ソウはなんだか、いや〜な気持ちになりました💦確かに低予算でもインパクトのある映画が作れるんですね\( ˆoˆ )/

No title

メモメモ・・・
異形のモノたちが徘徊、続編あり・・・
J・J エイブラムス・・・
いのちの食べかた・・・
SAWはしっかりシリーズ見届けましたよ・・・
SAWと聞いてCUBEという映画を思い出しました・・・が全く関連性なし!
猟奇的彼女・・・かなり評価できる部類・・・なるほど。
多ジャンルからのご紹介参考になります!(笑)

環七クロウさんへ

コメントありがとうございます!
ソウに登場する、残酷装置が登場する度に目を半分閉じながら観ている私(笑)

「いのちの食べかた」機会があれば観てください。食べ物を軽々しく捨てられなくなりますΣ(-᷅_-᷄๑)

yurusaさんへ

コメントありがとうございます!
おぉ!2作品ヒットですね!
ソウは鑑賞済みですか。勝手なイメージですがビックリです(笑)
予算に頼らずとも、シナリオ、観せかたで良作になる...私自身の成長にも活かしたいものです( ̄▽ ̄;)

節約ドットコムさんへ

コメントありがとうございます!

メモされてますね∑(゚Д゚)
紹介した甲斐があるというものです!
CUBEは好きな部類です。低予算という部分ではソウと無関係とは言えないかもしれません(。-∀-)
ジャンル統一しないのは、ガシャポンだという遊び心だと受け止めて頂けると助かります♪
何が出るかの楽しみのように...(笑)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。