スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歓喜 -前篇-


2017年3月3日という日が、私にとって嬉しい日となりました。

20170304193253499.jpg

「第40回日本アカデミー賞授賞式」にて映画シン・ゴジラが最優秀作品賞と最優秀監督賞を含む最多7冠に輝きました。
テレビを見ていた私は受賞決定の瞬間、ガッツポーズ(笑)
怪獣映画が大好きで、それで育ったといっても過言ではない私...まさに歓喜でした。

20170304192958770.pngその昔、中学生だった頃、ゴジラの映画を観に行くという私を笑った同級生がいました。まぁ、特別に仲が良いというわけでもなかった人ですから、そこまで気にしてはいませんでしたけど。
「まだ、そんな映画を観てるのか?大人になれよ」と、そんな感じだったと思いますが、なんだか酷くイラっとしたことを覚えています。この頃って、何組の誰と誰が付き合ってるとか、告白しただのしないだのと、何かと色気づく年頃です。
私は部活に専念する中、趣味に生きる人間だったのもので、そっちの方は無縁でした。ただ、好きな映画を観ることだけは気を抜かない人間でした。その中に「ゴジラ」という怪獣映画が存在していたのです。

201703041930308b2.jpg父から幼い頃に観せられた初代ゴジラ。白黒の画面の中、東京を放射能で火の海にしながら破壊していく黒い巨大生物に目を奪われながらも、恐怖さえ覚えた程でした。その頃は、物語の中身や意味を深く理解できないとしも、この「ゴジラ」という怪獣の絶大なインパクトだけは脳裏から離れることがありませんでした。

20170304193043249.jpgその後、もちろんシリーズを全て観たいと懇願し、親を巻き込んでのゴジラ一色祭りに発展させたのは言うまでもなく、私の一部となった怪獣。年齢が上がるにつれ、物語のメッセージ性や時代背景、その製作の裏側にまで興味を持ち、この歳になるまで気になる存在に発展していきました(笑)
新作情報が出ればウキウキし、公開されれば劇場へ出向く。ゴジラは、私の青春の一部だったことは間違いありません。

20170304193057669.jpg1995年の「ゴジラVSデストロイア」の作品で、日本のゴジラはしばらくスクリーンから、その姿を消すことになります。ゴジラ死すというキャッチコピーが示す通り、体内の核エネルギーの暴走によって自爆ともとれる最期を迎えます。身体の各所が赤く光り、蒸気をあげながら進撃してくる姿は、あの白黒だった初代ゴジラを彷彿とさせる存在感を纏っていました。この最終作の裏側で、1998年のハリウッド版初代ゴジラが公開される見通しがたったことが挙げられるわけですが、私はこの時、そのことを知りませんでした。

20170304193115115.jpg日本のゴジラの最期を看取った私は、心にポッカリと穴が空いていまったような感覚に陥りました。今流で言うと「ゴジラロス」とでも言いましょうか...ちょっと大袈裟に、そんな感じです。そこに転がり込んできたのがゴジラのハリウッドデビューの情報でした。それはそれは、どんなものか期待に胸躍らせたものです。ゴジラのシルエットは徹底したシークレットで公開までネタバレできないように守られていました。
期待していたハリウッド版ゴジラではありましたが、ミサイル攻撃から逃げる、走り回って隠れて不意打ち、魚食う、卵産むといった、ゴジラ?と思わせる完成度にモヤモヤしたのは、いい思い出です。ゴジラって、どんな攻撃がきても正面から受け止めて、さらにそれをモノともせずに進んでくる圧倒的な強さあってのものだと思いますから...

20170304193131d14.jpg外観もゴジラというより、ティラノサウルス?
モンハンに出てくるティガレックス?
...まぁ、ゴジラとして観るには厳しいものでした。東宝が、このゴジラのデザインを見たときに「う~ん」となったのも頷ける(笑)
しかし、東宝はハリウッドゴジラを作品として見てみたいという意向から「他の怪獣を出さない」という条件を出したということです。確かに、ラドンやらキングギドラやらのイメージを変えられても困りますからね。
意気込みは嬉しいのですが、このローランド・エメリッヒ版ゴジラは、残念な結果となってしまいました。

ちょっと長くなりましたので...
明日に続きます(笑)

ポチっとお願い致します🐉
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

庵野さんのゴジラ良かったですよネ
エヴァは難しすぎて爆睡しましたが
ゴジラは最後まで見ました^^

エヴァの冒頭10分くらいの実写と同じような感じがしたのは私だけ!?

No title

シン・ゴジラの独壇場だったようですね!
日本アカデミー賞の詳細をまだ入手していませんが、たぶんまだ観ていない映画が多いと思いますのでリストを入手して一つずつ潰していきます笑

金柑頭さんへ

コメントありがとうございます!
庵野ゴジラは 最高でした♪まぁ、エヴァを観ているようでもありましたけど(笑)
気のせいではないと思いますよ( ̄▽ ̄;)
新しいゴジラとして、十分に見応えある作品だったと思います!

節約ドットコムさんへ

コメントありがとうございます!
正直、ここまで圧勝になるとは思いませんでした∑(゚Д゚)
私としては嬉しい限りですが!
もちろん、他にも魅力ある作品が多数あったので、順番に攻めていきます♪どうやら年間400ほどの作品が出ているようです。一日一本観ても追いつかないという事実にも唖然です(笑)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。