スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一の挑戦 -The REMAKE- 最終章

20170501152908ffb.jpg

私達は残された「下山」という現実を受け入れ、再び立ち上がる。
完全にやりきった感からの再試練...
想像以上に満身創痍な私達が、最後に待ち受ける
“想像を絶する結末”とは!?

今回、いよいよ最終章‼️


【全滅へのカウントダウン】
とにかくスタート地点に戻らなければならない。何時間で戻れるのか?下りは登りに費やした時間より早いハズだ。

登りよりはマシ...
と、そんなに都合のよい事にはいかないのが世の中。
少なからず私には、わかっていた。

登りよりも
下りのほうが、遥かにキツイ...

元ランナーの経験からではあるが、下りは腰、脚にかかる負担が激しい。
スピードは出る...

反面、全ての加重が下半身に集中。
想像以上に疲労を蓄積する。

疲労、空腹、酸欠...
極限状態の中で、下りにも関わらず動きが鈍る仲間達...

次第に

樹海
20170419134751421.jpg公開 2016年
監督 ジェイソン・ザダ
時間 93分


「岩場が...
人の顔に見えるんだ...」

「ほら...あそこにも...
あっちにも...」

と、謎の幻覚に取り込まれ始める...
富士の祟りか
樹海の誘いか...



と...
見えないナニかに支配されてしまった仲間が狂言を口走る自体に。



全滅...
その言葉が脳裏をよぎった...

全員が座り込み、活動限界が迫る‼️


【あなたは確か...】
岩場でヘタリこむ私達。
あと、どのぐらい下ればゴールなのかもわからない状態の中、気力を振り絞ろうと試みるが、身体は正直...
なかなか動かない。

そんな私達に声が掛かる...


「大丈夫かぁ?」

20170501232622bfd.jpg

そこに現れたのは、スタート地点の五合目で「がんばれや〜」と、ゆるくエールを送ってくれた老人。
事情を話すと

20170501203959382.jpg

のる...のらせて頂きます‼️

老人
「こういうの持ってないとなぁ〜。」
「食べて元気出せやぁ。」

キタッ‼️食糧だ‼️
待ってました...

肉か⁉️
魚か⁉️

とにかく何でもイイッ‼️
ギブ・ミー・FOODズッ‼️

差し出されたのは
飴玉が数個...

ありがとうございます。
感謝を忘れてはならない...



老人は去っていく。

とは言え、これが今の自分に一体、何の役に立つのか...
もっと腹に溜まるモノが欲しい。
その時の素直な気持ち...

「こんなモノ...」
その飴を口に入れ、甘さを確かめる。

直後に、まさかの出来事...

身体から力が漲ってくる‼️
立ち上がる力が湧き、足の震えは止まり、身体が熱を帯びる🔥
飴玉一つ...
これほどの力が秘められていようとは‼️

これが

201705011700302df.jpg

経験も知識も豊富な玄人の助け船により
一気に下る
201705012354270ca.jpg

勢いをとめるなーーッッ‼️
下り坂を猛ダッシュ🏃💨

そして...
無事に下山成功。
登りの約半分
3時間程で五合目に生還。

糖分の力も使い果たし
疲労が再び、私達の身体を支配する...
ドーピングのような力もここまで。

無言で荷物をトランクに詰め込み、余韻に浸ることなく富士を後にした...


【俺たちの結末】
一番、大変だったのは友人R
主役であるRの誕生日にも関わらず、家族限定保険の自家用車を出動させた彼...
誰一人として運転を変わってあげられることができない。
疲労困憊の中、行き帰りの運転という、信じられない暴力に耐えながら運転を開始。

しかし、運転開始15分で
活動限界...
路肩に車を緊急停車...

誰も文句は言わない。
言う力が残っていない...

車中で爆睡


ふと目が覚めたのは3時間後のこと。

コンビニに立ち寄り夕食...
カップラーメンをすすりながら振り返る富士。

楽しかった...
仲間で挑戦した日本一。
最高のイベントだったと自画自賛の

なぁ、R!

R 「俺の祝い企画だったよな?」

はい。

R 「一言だけいいか?」

そうぞ。

R
「てっぺんで“誕生日おめでとう”
言われてねーけど...

20170503110527915.jpg

⁉️
いや...
確かに...言ってない。


ま...まぁ...

つまり...

アレだ...

20170503110558f7e.jpg

帰宅途中のコンビニ駐車場から...
HAPPY BIRTHDAY


R
201705031105448cc.jpg


日本一の挑戦
            -完-

ご愛読ありがとうございました‼️
ゆるパパ先生の次回作に御期待下さい(笑)
ブログ更新は5月8日より再開致します~♪
皆様、良き休日を

どうぞポチっとお願いします🗻
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます~。
「しっぱい!」で終わる軽やかな幕切れに拍手です。
しかし奇跡のアメちゃんパワーですね。やはりアメちゃんは余分に持ち歩くのですぞ。大阪のおばちゃんからのアドバイスやで~。
よいお休みを楽しんでくださいね!!再開(再会)を心待ちしています。

完結!

すごい大作でしたね。
いっぱい楽しませていただきました。
ほんとに、どれだけのネタをお持ちなんだろう、と、ドラえもんの四次元ポケットみたいに思ってしまいましたよ。
知らないマンガも知ってるマンガも、
知らない映画も知ってる映画も、
みんな楽しく拝見しました。
次作にも期待してます~~!
ありがとうございました^^

No title

途中こちらも酸欠状態になりましたが、無事生還できました(笑)
いや~羨ましい!こんなむちゃぶり体験やってみたい!怖いもの知らずは最強ですね。

これほど行き当たりばったりで日本一の山を登頂成功させられたら敵いませんよ(笑)

でも、耐えられるほどの基礎体力がなかったら・・・と考えると恐ろしい結末だったかも・・・

馬場亜紀さんへ

コメントありがとうございます♪
今だに語り継がれる幕切れです(笑)
仲間内のことですから、笑い話しではありますが( ̄▽ ̄;)
しかし、アメちゃんパワーは凄いですよ〜!なんだか、持ち歩いている人の気持ちがわかります。「体力回復のためかッ!」と勝手に妄想してます(笑)

ナカリママさんへ

コメントありがとうございます♪
私の漫画、映画ネタが使かえる範囲内で構成されていますが、もっと引出しがある方なら違う形になったはず...
ですが、体験した本人でなければ作れない構成というものもありますよね♪
それが、コレであります(笑)
次回作に御期待下さい!

節約ドットコムさんへ

コメントありがとうございます♪
今、考えると「あり得ない」行動と勢いって恐ろしいですわ(笑)
同じことを今したら、間違いなく生還は無理でしょう。計画を持って実行...安全をとるなんて弱くなりました。しかし、それが大人というヤツでしょうか(笑)
とりあえず富士登頂は、この一度だけ達成しました!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。