スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原竜也さん...またしてもクズ

2017052210401663a.jpg俳優の藤原竜也さん、伊藤英明さんがW主演する映画
『22年目の告白
―私が殺人犯です―』

6月10日より公開です。

殺人犯を演じた藤原さんが、ある事件の真相を語る記者会見のシーン。
緊迫感あふれる場面に加え、このシーン以外にも撮影中に一切NGを出さず熱演したとのこと。


20170522104127712.jpg
入江悠監督がメガホンをとった今作は、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人・曾根崎(藤原)が、殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンスとなっています。
曾根崎を追う刑事を伊藤さんが演じるほか、夏帆さん、野村周平さん、石橋杏奈さん、竜星涼さん、早乙女太一さんらが出演します。
豪華ですね!

「1995年。記念すべき5つの連続殺人事件を終えたばかりの私は苛立っていた。無能で愚鈍な警察は、私の元へ一向に辿りつく気配がない。幼稚な推理と見当違いな憶測を垂れ流すマスコミも事件の真相を伝えることはない」
と、自分を捕まえられなかった警察やマスコミを挑発するシーンが動画でアップされています。
美しき殺人犯の登場に日本中から一気に世間の注目を集めるが、曾根崎の目的とは一体ナニか⁉️

20170522104139ab1.png
記者会見のシーンは、曾根崎が初めて公の場に登場する重要な場面は、入江監督は藤原本人がリアルな殺人犯かつ、リアルな記者会見に見えるよう、カメラ位置や照明など徹底的にこだわり撮影が進められたそうです。
そんな緊迫感漂う現場でも藤原さん、NGを一度も出さないとは...
役はクズでも、役者としてのプロ意識は一級です。
役者魂を感じずにはいられませんね...カッコイイ‼️
藤原さんが挑む新たな“クズ”曾根崎とは、どんなキャラクターなのでしょうか?
ナニやら真の目的を隠し持ったミステリアスな感じと、映画内容にまた一つ、楽しみが増えました。

ポチりと応援お願いします📽
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

藤原竜也さんって、私には不思議な俳優に見えます。すごい演技力だけど、ものすごい童顔・・・永遠に子ども顔。あのアンバランスが魅力なのかも。

No title

たま~に訪れる、邦画気分の時のためにリストに入れておきますね!いつも有難うございます。

馬場亜紀さんへ

コメントありがとうございます♪
不思議な魅力...わかる気がします。もうクズ役が鉄板になりつつありますが、新しい役で何かしてほしいです!
メチャヒーロー感あるヤツとか(笑)

節約ドットコムさんへ

コメントありがとうございます♪
紹介しておきながら、鑑賞はだいぶ先になる私ですが、もし気分が向いた時には是非!メッセージのときのような、評論が読んでみたいです!

No title

ゆるぱぱさん、こんばんは〜!
藤原竜也さんの童顔フェイスが、この役どころをますます困惑させる1つの要因なんでしょうね。
その役者魂、蜷川幸雄さんが見出した逸材と言われる理由がわかるような気がします。

Ichiさんへ

コメントありがとうございます♪
確かに、この顔が物語に左右しているかもしれませんね!冷たくミステリアスな雰囲気が、何を考えているかわからない怖さを感じさせます。この作品でも、その良し悪しを決める一つとなりそうです!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。